セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンは、2016年のためのF1でいくつかテストドライバーのオファーを受けていると述べた。

ロシア出身のセルゲイ・シロトキンは、2014年にザウバーの救済契約の一環として18歳でF1デビューを果たす予定だったが、それが実現することはなかった。

今年GP2を3位で終えたセルゲイ・シロトキンは、2016年に再びF1チームと仕事をする機会があると述べた。

「明確なオファーがある。ひとつだけではない。だが、我々全員がそれが何を頼りにしているかを理解している」

「要求されている財政的なサポートを見つけられれば、F1でテストドライバーになれるかもしれない。機会はあるし、他のドライバーよりもそのゴールにさらに近いかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルゲイ・シロトキン