ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、WEC第2戦スパ6時間レースをクラス2位でフィニッシュした。

ブルーノ・セナ/フレデリック・マコヴィッキィ/レブ・ベルのアストンマーチン98号車は、予選から競争力のある走りをみせたが、レース序盤に不運なタイミングでセーフティカーが入ったことでフェラーリに先行を許し、クラス2位でレースをフィニッシュした。

ブルーノ・セナ
「素晴らしい結果だし、多くのポイントを獲得できて嬉しいけど、今日は多くの不運があった。フェラーリがピットインした後、僕たちがピットインする前にセーフティカーが入った。それが彼らの有利に働いた。それでも、僕たちは戦略を適応させて、タイヤでダブルスティントを走った。それがうまくいったし、タイムを縮めることができたけど、フレッドがフェラーリを捕えるにはタイヤが十分に残っていなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブルーノ・セナ | WEC (FIA世界耐久選手権)