ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、来年アメリカのレースカテゴリーに参戦しているかもしれない。

2010年から昨年までHRT、ルノー、ウィリアムズでF1を戦ったブルーノ・セナは、今年、アストンマーチンでWEC世界耐久選手権に参戦している。

しかし、ブルーノ・セナは、2014年の選択肢はオープンだと O Estado de S.Paulo に語った。

「アストンマーチンと続けることは僕が持っているベストな選択肢のひとつだ」とブルーノ・セナはコメント。

「でも、NASCARでテストできるかどうかも見てみたい。今年始めに実現するはずだった」

「何が最適かを確認するために何度か話し合うつもりだ。インディカー、ストック、NASCARも選択肢だ」

「どのドアを開けるかだけだ」

ブルーノ・セナは、今年スポーツカーを楽しんでいると述べた。

「雰囲気はずっとリラックスしているし、フレンドリーだ。F1では全員が他のみんなを潰したがるからね」

しかし、ブルーノ・セナは、チームメイトのアラン・シモンセンがル・マン24時間レースでのクラッシュで命を落としたこともあり、安全性への若干の懸念を抱いていることを認める。

「危険なカテゴリーだ。でも、僕たち全員がリスクがあることはわかっている」

ブルーノ・セナは、ル・マン24時間レースは特に危険だと述べた。

「ランオフなどの特性によってトラックはとても速い」

「あそこでレースをすることは、最大のリスクのひとつだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブルーノ・セナ