ザウバー F1 速報 2016 アブダビ
ザウバーは、F1アブダビGP初日のフリー走行で、フェリペ・ナッセが18番手タイム、マーカス・エリクソンが19番手タイムだった。

フェリペ・ナッセ (18番手)
「複雑な一日だった。ソフトとスーパーソフトは良さそうだけど、何らかの理由でウルトラソフトを働かせるのに苦労していた。特にFP2での軽い燃料での走行では必要なグリップを得るのに苦労した」

「ウルトラソフトを改善させる余地はあるはずなので、僕たちにとってそこが明日に向けての挑戦だ。それでも、かなりの走行距離を稼ぐことができた。データをさらに詳しく見ていくし、改善できる部分を見つけられると確信している」

マーカス・エリクソン (19番手)
「気温が高いFP1ではまなりクルマのバランスが良かったと思う。でも、それはあまり関係ないことだ。予選とレースは夕方に行われるし、気温はずっと低くなるからね。全体的にプログラムをこなせたことが重要だった。FP2の後半ではクイックラップが妥協を強いられてしまったし、そこで良いリファレンスが得られなかった。まだもっと多くを引き出していくためにクルマのバランスに取り組む必要がある。前進するために全てのデータを分析する時間があるのは良いことだ」

関連:
F1アブダビGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム
F1アブダビGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | F1アブダビGP