バレンティーノ・ロッシ MotoGP
モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、フィリップアイランド・サーキットで開催中のオフィシャルテスト2日目に70周を走行してトップタイムから0.827秒差の8番手だった。

「僕たちにとって難しい1日。特に午後は厳しかった。午前はそれほど悪くなかった。タイヤを試すことができたけど、特にレースペースに集中し、とても良かった。午後は幾つか重要なテストがあり、ロングランとバイクの調整にトライしたけど、上手く機能しなかった。十分に速くなかった」とバレンティーノ・ロッシはコメント。

「間違った方向に進んでいるようなので、メディアインタビューが済んだ後、明日に向けて状況をしっかり理解するためにボックスに戻ろるつもりだ。改善できることを期待している。好天候のフリップアイランドにいてM1を走らせることは、ハードワークで厳しいけど、大きな喜びでもあるし、これはいい誕生日プレゼントだ」

【MotoGP】 公式テスト2日目:マーベリック・ビニャーレスがトップタイム
【MotoGP】 公式テスト2日目:マーベリック・ビニャーレスがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バレンティーノ・ロッシ | MotoGP