ロビン・フラインス
元ザウバーとケータハムのリザーブドライバーを務めていたロビン・フラインスが、フォーミュラEのシーズン2にアンドレッティ・オートスポーツから参戦することが決定した。

ロビン・フラインスは、フォーミュラBMW、フォーミュラ・ルノー2.0、フォーミュラ・ルノー3.5で連続してタイトルを獲得したが、その後、GP2では資金案もあり目立った成績を残せず、現在はブランパン・スプリントGTシリーズにアウディ R8で参戦して首位に立っている。

ロビン・フラインスは、ドニントンパークでのフォーミュラEの最終プレシーズンテストでアンドレッティに加わり、そこでシーズン1のSpark SRT-01_Eを試した。

「アンドレッティ・ファミリーの一員になり、フォーミュラEで彼らのために走れることを光栄に思う」とロビン・フラインスはコメント。

「新しいチャンピオンシップであり、僕にとって完全に新しい挑戦だ」

「運転方法やエネルギーの節約は大変そうだけど、数週間後の北京での開幕戦を本当に楽しみにしている」

アンドレッティは、最終テストでシーズン2のために開発したパワートレインを断念した。

それによってロビン・フラインスは最終日に37周を走っただけだったが、チームオーナーのマイケル・アンドレッティは、その走りに感銘を受けたと述べた。

「ロビンがチームに加入することにとても興奮している」とマイケル・アンドレッティは述べた。

「彼は1回のテストしたしていないが、本当に良い仕事をしたし、素晴らしい姿勢をみせた」

「我々は、彼とシモーナ(デ・シルベストロ)とともに強力なチームをめとめて、シーズン2にむけて準備を整えていると感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロビン・フラインス | フォーミュラE