ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、マノーと契約し、2016年に世界耐久選手権のLMP2クラスを戦うことになった。

2015年にマノー・マルシャから13戦に参戦したロベルト・メルヒだったが、体制が変わったマノーは2016年にパスカル・ウェーレインとリオ・ハリアントの起用を決定。ロベルト・メルヒはシートを喪失した。

ロベルト・メルヒは、マノーのORECA 05 LMP2の一台を走らせることにあり、F1チームを離れたジョン・ブースとグレアム・ロードンと働く。

また、2015年にチームメイトだったウィル・スティーブンスと再び一緒に戦うことになった。

「マノーのこの新しいエキサイティングなチャプターの一員になれることに本当に興奮している」とロベルト・メルヒはコメント。

「再びグレアム、ジョン、そしてチームと働く素晴らしい機械だ」

「耐久レースは初めてだし、LMP2は非常に強力なチャンピオンシップだ。ORECA 05 LMP2 に乗って、僕たちがみんなで何を成し遂げられるかを確認するののを楽しみにしている」

ロベルト・メルヒは、2009年にF3でもマノーでレースをしていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロベルト・メルヒ | WEC (FIA世界耐久選手権)