ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、フェルナンド・アロンソのマノーへの愚弄に反論することを拒否した。

フェルナンド・アロンソは、2016年にマノーがメルセデスのパワーユニットを搭載することで、マクラーレン・ホンダを倒すかもしれないとの意見に反論していた。

「マノーのことは完全にリスペクトしているけど、彼らがクルマに飛行機エンジンを搭載しても、さらに上へ行くことはないだろう」とフェルナンド・アロンソは述べた。

これに対して、マノーは、フェルナンド・アロンソとチームに「来年、ガレージで隣になったときに議論しよう」とやり返した。

しかし、同じスペイン人ルーキーのロベルト・メルヒは、フェルナンド・アロンソにコメントに反論することを拒否した。

「フェルナンドがそんなことを言ったには知らなかったけど、そうだね、空力的な問題とメカニカルグリップが多くないのは事実だ」とロベルト・メルヒは El Confidencial にコメント。

「僕たちはグリップが不足している。クルマを走らせるのはとても難しい」

ロベルト・メルヒは、全てのレースでブルーフラッグが振られるなかでモチベーションを維持するのは難しかったと認めた。

「正直、そのようなレースをしていて、4番手、5番手、6番手に次々と抜かれるのはかなり疲れる状況だ」

「他と戦えないのは残念だ。チームメイトの前に出るために全力を尽くさなければならなかったけど、ここまで(ウィル)スティーブンスが持っているようなクルマを得ることはなかった」

ロベルト・メルヒは、オースティン、メキシコ、ブラジルでは走らないが、アレキサンダー・ロッシがGP2に参戦するアブダビではコックピットに戻る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロベルト・メルヒ | マノー