リオ・ハリアント、F1ドイツGPでのマノーのF1シートは確保

2016年7月28日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントは、F1ドイツGPでマノーを走らせるための資金を確保した。

リオ・ハリアントは、今シーズン末までチームとの契約を有しているが、前戦ハンガリーGPまでの資金しか用意できていなかった。

リオ・ハリアントのマネージャーを務めるピアース・ハニセットは、残りのシーズンのシートを保証するための資金を確保するために舞台裏で働き続けてきた。

リオ・ハリアント 「新しい空力開発物はポジティブ」 / マノー

2016年7月13日
リオ・ハリアント F1 シルバーストーンテスト
マノーは、F1シルバーストーンテスト初日にリオ・ハリアントが64周を走行し、9番手タイムとなる1分35秒631を記録した。

リオ・ハリアント (マノー)
「僕たちには、今日やり遂げるための忙しい開発プログラム作業があったし、それを完了することができたことを嬉しく思っている。午前中は好都合なコンディションだったでとてもスムーズだった。午後は天候が変わって、その後はかなりウェットになっていった」

リオ・ハリアント:2016 F1イギリスGP プレビュー

2016年7月8日
リオ・ハリアント F1 2016 イギリスGP
リオ・ハリアントが、F1イギリスGPへの意気込みを語った。

リオ・ハリアント (マノー)
「素晴らしい機会だし、待ち切れない。初ポイントを獲得した後、現在、チームには本当に活気があるし、それを見て、感じられるのは素晴らしいことだ。僕にとっては、オーストリアでの結果に貢献し、非常に懸命に作業をしてくれている全員のために今週末できるだけ良いショーを行うことが重要だ」

リオ・ハリアント:2016 F1ヨーロッパGP プレビュー

2016年6月17日
リオ・ハリアント F1ヨーロッパGP 2016
リオ・ハリアントが、アゼルバイジャンの首都バクーで初開催されるF1ヨーロッパGPへの意気込みを語った。

リオ、バクーの第一印象はいかがですか?
物凄いね。自分が何を期待していたのかはあまりわからないけど、全てが僕の予想を上回っている。都市の多様性は本当に印象的だ。新旧の混合はグランプリにとってかなり素晴らしい舞台となっている。本当にここを気に入っているし、ファンも気に入ると確信している。

リオ・ハリアント、ラマダン期間のためレース中の脱水症状に懸念

2016年6月12日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントの宗教的信仰は、F1カナダGPでの安全面に影響を与えるかもしれない。

インドネシア出身のリオ・ハリアントはイスラム教徒。現在、ちょうどラマダンの期間であり、日の出から日没までの間は断食が義務付けられている。

リオ・ハリアントのマネージャーは、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットでの長い高速なレースでは、安全性に一目置く必要があるかもしれないと認める。

リオ・ハリアント、現在の資金ではF1ハンガリーGP後にシート喪失?

2016年6月6日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントの母親は、息子が2016年の後半戦もマノーのシートを維持するには現状では資金が不足していることを認めた。

インドネシア政府および国営石油会社プルタミアの支援によってインドネシア人初のF1ドライバーとなったリオ・ハリアントだが、報道ではF1ハンガリーGP後にシートを喪失しる可能性があるとされている。

リオ・ハリアント、マノーのF1シート喪失の可能性

2016年5月25日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントは、2016年シーズン途中にマノーのF1シートを喪失する可能性があることを認めた。

2016年シーズンの開幕前に母国インドネシアからの財政支援によってグリッドの最後のシートを獲得することができたリオ・ハリアントだが、シーズン中盤までの資金しかマノーに支払っていないとみられている。

インドネシアではSMSを通じてリオ・ハリアントをF1グリッドにとどめておくための募金キャンペーンが行われている。

リオ・ハリアント:2016 F1スペインGP プレビュー

2016年5月12日
リオ・ハリアント F1 2016 スペイン
リオ・ハリアントが、F1スペインGPへの意気込みを語った。

リオ・ハリアント (マノー)
「もちろん、僕の本当の家はインドネシアにあるし、あらゆる機会に帰っているけど、ヨーロッパでレースをしているときはかなり遠いのが現実なので、今後数ヶ月間はここバルセロナを拠点にしていく。ここを本当に気に入っている」

リオ・ハリアント:2016 F1ロシアGP プレビュー

2016年4月28日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントが、F1ロシアGPへの意気込みを語った。

リオ、我々は昨シーズンにここでのあなたのレースを見ました。勝利まで後一歩でしたね!
そうだね、シーズンで4回目の勝利になるはずだった。最終ラップでリードしていたけど、セーフティカー中にオーバーテイクをしたと判断されて、最終的には2位を受け入れなければならなかった。勝っていれば、タイトル争いにも食い込めていただろう。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム