リオ・ハリアント
リオ・ハリアントは、2017年のF1復帰の可能性について“ポジティブ”な状況だと述べている。

今年、リオ・ハリアントは、マノーのレースドライバーとして最初の12戦に出走したが、契約上の資金的な義務を果たせなかったため夏休中にチームとの契約を解除した。

その後、マノーからのリザーブドライバー起用のオファーを受け入れたリオ・ハリアントは、2017年シーズンのレースドライバー復帰を視野に入れている。

「スポンサーを見つけるために懸命に努力している」とリオ・ハリアントは Fox Sport に語った。

「F1チームでの可能性を模索しているけれど、ポジティブな状況だと思う。いいと感じだ」

「数週間後、他のドライバーやチームからの発表がたくさんあるだろうし、みんながすぐに僕から話が聞けることを期待している」

またリオ・ハリアントは、チームメイトのパスカル・ウェーレインと比較した自身のパフォーマンスはF1にふさわしいことを証明していると考えている。

「将来のメルセデスのスターになると思われるチームメイトに対して僕は競争力があった」

「だから、自分のパフォーマンスを示したと思うし、来年、ここに戻りたいと心から思う。すぐに決定するといいね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リオ・ハリアント | マノー