リオ・ハリアント
リオ・ハリアントのマネージャーは、2017年のF1復帰のための新たなスポンサーを集めていることを明らかにした。

リオ・ハリアントは、契約の義務を果たすための資金を支払う支払うことができず、夏休み中にマノーのシートを喪失。エステバン・オコンが後任を務め、ハリアントはリザーブドライバーとしてチームに留まることを受け入れた。

リオ・ハリアントのマネージャーを務めるピアース・ハニセットは、シート喪失のニュースが発表された際、新たなスポンサーが現れたと述べた。

「インドネシアにはショックが広がった。彼らは『なぜ我々の若者はレースをできない?』と尋ねてきた」

「彼らのなかには、自分たちがどれくらい助けられるかを尋ねにきた」

「それは彼らを目覚めさせた。資金は集まったが、オコンは契約を締結していた。我々は1週間ウィンドウをのぞしてしまった」

「我々は政府から資金提供を約束されていたが、そこにはいくつか問題があった」

「だが、インドネシアだけでなく、残りのアジア - 日本やタイ - からの通常の商業スポンサーがいくつかあった。すべてがまとまっていた。だた遅すぎた」

ピアース・ハニセットは、それらの同じ支援者が2017年のリオ・ハリアントの復帰を手伝うことに関心を示しており、今週末のF1シンガポールGPから交渉が進められていくと述べた。

その計画は、インドネシア政府の支援を必要としないパッケージをまとめることだとピアース・ハニセットは述べた。

「我々は来年のために働いている。起こったことが全てを目覚めさせたと我々はかなり楽観的だ。現在、それは現実的になっている」

「我々はそれに時間がかかり、F1についてアジア市場を育てていかなければならないことはわかっていた。とにかく、もう少し時間が必要だった」

「来年について進行している話はあるが、重大なものではない」

「シンガポールではスポンサーと話をするためにアジアに戻るし、そこにはいくつか潜在的な投資家がいるので、そこからどうなるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リオ・ハリアント | マノー