リオ・ハリアント
インドネシアのスポーツ省は、リオ・ハリアントを残りのシーズンのドライバーから外すというマノーの決定に落胆していると述べた。

リオ・ハリアントは、レースシートを維持するための残りの700万ユーロ(約7億9300万円)のスポンサーシップを見つけることができず、次戦ベルギーGPからはエステバン・オコンが後任を務めることになった。

「スポーツ省は決定に落胆しています」と広報担当のガトット・デワ・ブロトはコメント。「2月にマノーのレーシングディレクターを務めるデイブ・ライアンは、リオ・ハリアンがF1でフルシーズンを戦うことを約束しました」

「さらに6月にはマノーのチームディレクターを務めるアブドゥラ・ブールシーンは、リオが少なくとも2年はチームの長期計画の一員だと述べていました」

しかし、ガトット・デワ・ブロトは、マノーが資金を工面するためのより多くの時間を与え、スポンサーシップが尽きていたにもかかわらず、ドイツGPにリオ・ハリアントを出場させたことを認めた。

「マノーはリオと彼のマネジメントに7月24日のハンガリーGPまでに残りの料金を支払うよう依頼し、ドイツGPまでリオにレースをする機会を与えてくれました。スポーツ省はそのことに感謝しています」

ガトット・デワ・ブロトは、スポーツ省自体としては、リオ・ハリアントがF1を継続する必要な資金を得るために助かれることはやったと付け加えた。

「我々はリオに融資するために国家予算を使うことを依頼しましたが、議員はそれを許しませんでした。議会はリオのF1での関与を完全にサポートしていますが、国家予算を使うことはオプションではありませんでした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リオ・ハリアント | マノー