F1日本GP 結果
F1日本GPの決勝レースが13日(日)、鈴鹿サーキットで行われた。

決勝は快晴のなかでスタート。4番グリッドからスタートしたロマン・グロージャン(ロータス)が抜群のスタートでトップに立つ。2番手を走行していたマーク・ウェバー(レッドブル)が3ストップ戦略で異なる戦いをみせるなか、順位を上げたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が猛追するという上位3名のバトル。

セバスチャン・ベッテルは、タイヤ交換を遅らせつつ、素晴らしいペースを見せ、ピットストップ後の40周にロマン・グロージャンをパス。その後は、後続を突き放して5連勝となる優勝。無線で「イチバン!」と叫んだベッテルは鈴鹿での連勝記録を伸ばした。

2位には、3ストップの最終スティントでグロージャンを抜いたマーク・ウェバー。そして、3位はロマン・グロージャンが2戦連続となる表彰台を獲得した。

フェルナンド・アロンソが4位に入ったため、セバスチャン・ベッテルのタイトル獲得は次戦以降に持ち越しとなった。

7位に入ったエステバン・グティエレス(ザウバー)はF1初ポイント獲得となった。

F1 日本GP 結果

順位No.ドライバーチーム
11セバスチャン・ベッテルレッドブル
22マーク・ウェバーレッドブル
38ロマン・グロージャンロータス
43フェルナンド・アロンソフェラーリ
57キミ・ライコネンロータス
611ニコ・ヒュルケンベルグザウバー
712エステバン・グティエレスザウバー
89ニコ・ロズベルグメルセデスAMG
95ジェンソン・バトンマクラーレン
104フェリペ・マッサフェラーリ
1114ポール・ディ・レスタフォース・インディア
1218ジャン・エリック・ベルニュトロ・ロッソ
1319ダニエル・リカルドトロ・ロッソ
1415エイドリアン・スーティルフォース・インディア
156セルジオ・ペレスマクラーレン
1616パストール・マルドナドウィリアムズ
1717バルテリ・ボッタスウィリアムズ
1820シャルル・ピックケータハム
1923マックス・チルトンマルシャ
 10ルイス・ハミルトンメルセデスAMG
 21ギド・ヴァン・デル・ガルデケータハム
 22ジュール・ビアンキマルシャ
ファステスト:1分34秒587/ マーク・ウェバー(レッドブル)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果