ナイジェル・マンセル
レッドブルのエイドリアン・ニューウェイは、マックス・フェルスタッペンの走りを見ていると、全盛期のナイジェル・マンセルを思い出すと語る。

「マックスは刺激的なニューカマーだった。彼のクルマの運転の仕方は、ナイジェルのドライビングスタイルを思い起こさせた」とエイドリアン・ニューウェイは語る。

「マンセルの印象的なところは、常にクルマに乗っているのが彼だとわかったことだ。彼は、ほぼ言葉では例えられないドライビングスタイルを持っていた。マックスも同じだ。テレビを刺激的なものにしている」

ナイジェル・マンセルは、その攻撃的なスタイルからテフォシからも“イル・レオーネ(ライオン)”の愛称で呼ばれていた。

エイドリアン・ニューウェイは、ナイジェル・マンセルが1992年にF1ワールドチャンピオンを獲得したFW14Bをデザインし、密接に仕事をしていた。

マックス・フェルスタッペンのあまりにアグレッシブなドライビングスタイルはセバチャン・ベッテルやキミ・ライコネンといったドライバーから批判されたが、フェルスタッペンはドライビングスタイルを変えることを拒否した。

エイドリアン・ニューウェイは、そのフェルスタッペンのアプローチにマンセルの決意と頑固さを重ね合わせている。

「『脅されるつもりもないし、自分のことをしていく。それが嫌なら、それはあなたのアプローチの問題だ』といった感じだ。それはナイジェルをとても思い出させる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | マックス・フェルスタッペン