レッドブル F1
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、レッドブルの不満が2016年のルノーのパワーユニットのパフォーマンス改善に繋がったと考えている。

2015年、ルノーのパワーユニットは信頼性とパフォーマンスに欠け、レッドブルはコンストラクターズ選手権4位でシーズンを終えた。

レッドブルは、ルノーとのパワーユニット契約を解消し、他のサプライヤーを確保しようとしたが、最終的にはルノーを継続し、タグ・ホイヤーのバッチをつけて2016年シーズンを戦った。

クリスチャン・ホーナーは、2勝を含めてコンストラクターズ選手権2位まで立ち直ったレッドブルの今年のリカバリーは、チームの作業とルノーの改善の組み合わせだと考えている。

「我々がなんとか状況を変えることができたのは、チーム内の深い強さの証明だと思う」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「もちろん、エンジン側でもヴィリーのスタッフは素晴らしい仕事をしてくれた」

現在は称賛しているが、12ヶ月前、クリスチャン・ホーナーはルノーに不満を抱いていた。そして、レッドブルの反応が展開の鍵だと考えている。

「昨年は多くの難しい会話があったし、そのポジティブな結果、そして、必然的な結果がヴィリーのリストラと再編成だったと思う。今年、そのリアルな利益が見え始めた。昨年の難しい日々がなければ、おそらく起こらなかっただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ルノー