マックス・フェルスタッペン
レッドブルのヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンがF1のライバルに対して「レースがどうあるべきか」を示したと考えてる。

2015年にトロ・ロッソでF1史上最年少デビューを果たしたマックス・フェルスタッペンは、今年レッドブルに昇格してF1スペインGPで優勝。その後もメルセデスやフェラーリと上位を争った。

マックス・フェルスタッペンの防御のドライビングは注視され、FIAはブレーキング時の動きを非合法化するために規約を明確化させるに至った。

しかし、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンをアイルトン・セナやミハエル・シューマッハと比較し、過去にF1レースがどのようなものだったかを現在のドライバーに示したと考えている。

「私が目にしているんは、彼が“現在の確立されたもの”に完全に新しいアプローチをもたらしたことだ!」とヘルムート・マルコはF1公式サイトに述べた。

「彼はレースがどうかるべきかを再び彼らに示した。過去それがどうだったかをね」

「セナやシューマッハのようなドライバーがやってきたときのことを思い出している。彼らは異なるアプローチをして、彼らの時代を築いていったことは人を衝撃的に目覚めさせた。そして、彼らも大きな非難を浴びた」

「今、我々には元チャンピオンが何度チャンピオンを獲得したかなどにはまったく億することのない、若く、ハングリーで、セクシーな若いドライバーがいる」

また、ヘルムート・マルコは、アイルトン・セナと比較されたブラジルでの雨天でのマックス・フェルスタッペンのドライビングを称賛した。

「数年前のF3でのノリスリンクでマックスに類似したドライブを目にした。独自のラインで彼独自のリーグにいた。F1で私はドニントンでのセナと彼のブラジルでのドライブを比較したい」

【動画】 マックス・フェルスタッペンの雨のドライビングに称賛の嵐
マックス・フェルスタッペン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | マックス・フェルスタッペン