ピレリ F1 2017
ピレリは、2017年のための“バックアップ”タイヤコンパウンドを開発している。

F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、テスト不足によって、大きく、速く、デグラデーションの少ないタイヤを設計することは難しかったとしている。

ピレリのモータースポーツダイレクターを務めるポール・ヘンベリーは「改良版2015年マシンでさえ、今年のダウンフォースをシミュレーションすることができなかったので、我々はシミュレーションに頼らなければならなかった」と RTL にコメント。

「我々によって最大のチャレンジは新車を見ていないことだ。我々のデータが現実と一致するかどうかがわかるのはメルボルンの土曜日の夜になってからだろう」

ピレリのレーシングマネージャーを務めるマリオ・イソラは「最初の5レースでは、ベーシックなコンパウンドしか使用しない」とコメント。

「我々はテストとシミュレーションから収集した情報に基づいてそれらを開発した」

「だが、いくつかのエレメントは予測するのが難しく、リアルなトラックデータが我々のシミュレーションと一致しなかった場合に使用できる5つのコンパウンドを準備した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ