ピレリ 2018 F1タイヤ
ピレリのレーシングマネージャーを務めるマリオ・イソラは、2017年F1マシンをテストで使用することができる2018年は、再び異なるタイヤになると述べた。

2017年の大幅なレギュレーション変更の一部として、ピレリは、フロントタイヤを60mm、リアタイヤを80mm幅広にすることを含め、コンパウンドを劇的に変化させることになった。

だが、テストをするための2017年仕様のF1マシンはなく、ピレリはメルセデス、レッドブル、フェラーリによって提供された2年落ちのクルマで妥協しなければならなかった。

ピレリは、各チームが提供したミュルカーが必要な約20%のダウンフォース増加に達しておらず、それが数値を歪めることを懸念している。

「方向性はいいと感じている。おそらく、我々は開発を続け、2018年には新しい製品を持ち込む必要があるだろう」とマリオ・イソラはコメント。

「だが、来年は本物のレースカーでテストできるので、正しい製品にむけたまた別のステップがある」

ピレリは先月、約100種類のプロトタイプの及ぶ2017年のテストプログラムを完了させており、結果には満足していると語る。

だが、来年はより多くのチームがテストプログラムにかにょする予定であり、2017年F1マシンも利用できるようになる。

「ミュールカーの結果を調べなければならないが、来シーズのタイヤについては楽観的だ」とマリオ・イソラは付け加えた。

「開発には満足しているが、本物の新車、予想している負荷で見てみる必要がある」

「だが、いくつか励みになる兆候がある」

「我々は、製品、コンパウンドなど、全てを変更しなければならなかった」

「大きくなるサイズだけではない。タイヤの全てを完全に再設計した」

現在、ピレリは、2017年にレースで使用するタイヤを定めるために、24日間、12000kmに及ぶテストのデータを分析している。

2017年F1マシンが走行する最初のプレシーズンテストは2月27日からスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ