ピレリ 2017 F1 タイヤ
ピレリは、29日(火)にヤス・マリーナ・サーキットで2017年F1タイヤのテストを実施。メルセデス、レッドブル、フェラーリの3チームが参加し、アブダビのドライで暖かいコンディションのもと、2015年型マシンをベースに来季のダウンフォースレベルに適応させたミュールカーを走らせた。

テストは9時から18時まで行われ、3台のクルマは距離にして1839km、アブダビGP6回分に相当する合計331周を走行した。

フェラーリはキミ・ライコネン、メルセデスはルイス・ハミルトンとパスカル・ウェーレイン、レッドブルはダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンがテストを担当。最大限のデータ収集を目指して、全てのチームが様々な構成で走行を行い、ほぼ96種類のプロトタイプがテストされた。

ピレリは、増加する負荷に適したベストなタイヤを作り出すために、合計24日間にわたって様々なコンパウンドや構造をテストしてきた。

ポール・ヘンベリー (ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター)
「シーズン最後のテストでは、同時に3台のクルマで開発プログラムを完了し、5名のF1レースドライバーが我々の2017年プロトタイプタイヤを試しました。今後、来年レースをするタイヤを定めるために、24日間、約12000kmのテストの結果を分析するためのハードワークを始まります。来年用のタイヤは、来年2月の公式合同テストで初めて実際の2017年F1マシンで走ることになります。「アブダビでの最後のテストは予定どおりに進み、メルセデス、レッドブル、フェラーリが用意した3台のミュールカーにより、必要としていたデータを集めることができました。この3チームの協力がなければ、この激しい開発プログラムを実行することは不可能だったでしょう」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ