ヴィタリー・ペトロフ:F1ブラジルGP プレビュー

2012年11月22日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2012年の最終戦F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
「シーズン最終戦はブラジルだ。チャレンジなトラックだし、何が起こるかわからない。去年はポイント圏内でフィニッシュしているし、今年は僕たちにとって簡単な仕事ではないかもしれないけど、それでも戦いたい。日曜日の天気予報は雨になりそうなので、グリッドにアップダウンのあったシーズンの本当にエキサイティングな最終戦になるだろう」

ヴィタリー・ペトロフ:F1アメリカGP プレビュー

2012年11月14日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1アメリカGPへの意気込みを語った。

ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
「アメリカを訪問するのを本当に楽しみにしている。レースだけでなく、アメリカに行くのは初めてだし、ずっとアメリカに行くのが夢だった。今回はきとんと見て回る時間はないだろうけど、ここに戻ってきたときに何が重要かを実際に見るために数日間過ごしたいのは確かだ」

ヴィタリー・ペトロフ:F1インドGP プレビュー

2012年10月24日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1インドGPへの意気込みを語った。

ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
「インドは楽しいトラックのひとつだ。かなりスムーズだし、とても広いので、コーナーのいくつかでは異なるラインをとることができる。ダブルの左周りのターン5-6のような本当に良いコーナーがある。素早く進入して、ターン7-8-9へのシケインのためにブレーキングする」

ペトロフのマネージャー 「2014年のF1ロシアGPへの出場はほぼ確実」

2012年10月23日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは、ペトロフが2014年にソチで初開催されるF1ロシアGPに出場するのはほぼ間違いないと主張している。

Rusnovosti は、財政問題を抱えているヴィタリー・ペトロフが2013年にケータハムに残留する“可能性は低い”と報じているが、ペトロフが来シーズンもF1グリッドにいるのと2014年はまた異なる問題だ。

ヴィタリー・ペトロフ 「ケータハム残留の可能性はある」

2012年10月12日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、まだ2013年にケータハムに残留するために争っていると述べた。

ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは、先月ロシアのメディアに対して資金を集めるのに苦労していることを示唆した。

そのコサチェンコの発言は、ヴィタリー・ペトロフのF1キャリアが今シーズン限りで終わると解釈された。

ヴィタリー・ペトロフ:F1韓国GP プレビュー

2012年10月7日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1韓国GPへの意気込みを語った。

ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
「韓国は好きだ。カレンダーに初めて掲載されたのは僕のF1初年度だったし、韓国に着いたとき、スタンドにたくさんのロシア国旗があって本当に驚いた。2011年もそれは同じだったし、2012年もそれは変らないと確信している。母国からの多くのいファンの前でレースをするのはいつだっていいものだ」

ヴィタリー・ペトロフ:F1日本GP プレビュー

2012年10月1日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、F1日本GPへの意気込みと鈴鹿サーキットについて語った。

ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
「日本はレースをするお気に入りの場所だ。実際、レースに関係なく訪問するのが好きな国のひとつだね! 自宅でもよく日本食を食べているし、素晴らしい食物と本当にクールなファンがいてF1ドライバーとして最高に行きたい場所だ」

ヴィタリー・ペトロフ、2013年のF1交渉をマネージャーが中断

2012年9月26日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは、2013年のF1シートについての交渉から手を引いたことを明らかにし、ヴィタリー・ペトロフのF1キャリアが危機にさらされている。

以前に3〜4チームと交渉していることを明かしていたオクサナ・コサチェンコだが、もはやスポンサー資金が枯渇したことを Ria Novosti に認めた。

ヴィタリー・ペトロフ、シーズン終了前にケータハムのシートを喪失?

2012年9月13日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2012年シーズンの終了を待たずしてケータハムのシートを失うかもしれないと Auto Motor und Sport が報じている。

ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは、ロシア政府からの財政支援が打ち切られたことを認めていた。

同誌は、ヴィタリー・ペトロフの資金は尽きており、豊富な資金をもつギド・ヴァン・デル・ガルデが後任候補だと報道。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム