ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2014年のF1復帰にむけて新たな力を得られる可能性がある。

今年ケータハムのF1シートを失い、マネージャーのオクサナ・コサチェンコとも離れたヴィタリー・ペトロフは、F1キャリアを取り戻したければ、個人スポンサーが必要だと述べていた。

だが、ヴィタリー・ペトロフは、週末にロシアで開催されたDTMにメルセデスのチームシャツを着て姿をみせた。

ヴィタリー・ペトロフは、来年ロシアでのF1初開催されるF1ロシアGPの主催者が、F1復帰への道を探すことを手伝ってくれていることを Ria Novosti にほのめかした。

「レーストラック自体、彼らはかなり援助している。彼らは人々と話をしているからね。来年のシートを見つけるために一緒に働いている」とヴィタリー・ペトロフは述べた。

来年、ザウバーとの契約により、セルゲイ・シロトキンがF1デビューを果たすとみられており、またウィリアムズはGP2チームのロシアン・タイムと提携して、ロシア人ドライバーをF1グリッドに並べる可能性がある。

ウィリアムズとの関係についてヴィタリー・ペトロフは「このプロジェクトを議論することに興味を持っている」とコメント。

また、ロシア国籍でF1参戦するマルシャもヴィタリー・ペトロフにとっては論理的なチームといえる。

「彼らのプランを理解する必要がある。彼らが何を望み、F1で何をしたいか。ただクルマとドライバーだけなのか、成長することを望んでいるかをね」

ヴィタリー・ペトロフは、来月のF1イタリアGPに出席する予定だと述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ