ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、マネージャーを務めていたオクサナ・コサチェンコと決別し、自分でマネジメントを行っていることを明らかにした。

オクサナ・コサチェンコは、今年からヴィタリー・ペトロフの元所属チームであるケータハムにコマーシャルディレクターとして加入し、スポンサーの新規開拓を担当している。

2010年から昨年までルノーとケータハムでF1を戦ったヴィタリー・ペトロフは、2014年のF1復帰を目指している。

「来年、誰が僕と仕事をしていくか、誰のために働いていくかの整理など、自分で自分の今後を管理していく」

「いくつか変更があった。今はそれについて話したくはないけど、近い将来、すべて明らかになるだろう」

関連:オクサナ・コサチェンコ、ケータハムの営業部長に就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ