フォース・インディア VJM10
セルジオ・ペレスは、バルセロナテストでフォース・インディア VJM10をトラックデビューさせた。午前中に39周を走行したセルジオ・ペレスだったが、テクニカルトラブルによって午後は走行できず、1分23秒709で7番手タイムだった。

セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「二通りの一日だった。午前中はとても生産的だった。計画していた多くのことをこなせたし、異なるセットアップオプションやタイヤコンパウンドにトライした」

「午前中を通して、状況はかなりポジティブだったし、新車から多くのことを学ぶチャンスを得られた。残念ながら、午後は予防措置として走行できなかったし、トラック時間が犠牲になってしまった。明日はエステバンがクルマで埋め合わせることができることを期待している。堅実な一日を過ごして、残りのプログラムを完了させて、プランを前進させてほしい」

2017年 F1バルセロナテスト 初日:ルイス・ハミルトンがトップタイム
2017年 F1バルセロナテスト 初日:ルイス・ハミルトンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | フォース・インディア