セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、ニコ・ヒュルケンベルグが2017年にフォース・インディアを離れてルノーに移籍するとわかったときは「驚いた」と認める。

セルジオ・ペレスは、昨年夏にスポンサーとフォース・インディアとの商業協定に関する議論が長引き、ルノーへの移籍が噂された。

最終的にセルジオ・ペレスはフォース・インディアに残留。だが、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグはルノーと複数年契約を結んで移籍。後任としてエステバン・オコンが加入した。

「正直、かなり驚いたよ」とセルジオ・ペレスは Autosport にコメント。

「ニコが彼らのリストで非常に高い位置にいることはわかっていたし、僕が行かなければ、彼らは間違いなく彼を検討するだろうことはわかっていた」

「彼らは素晴らしいドライバーを獲得したね」

「正しい決定だったかは時間だけが教えてくれる。でも、僕は彼と一緒に過ごした3シーズンに満足している」

セルジオ・ペレスとニコ・ヒュルケンベルグは、エイドリアン・スーティルとポール・ディ・レスタに代わって2014年からフォース・インディアでチームを組んできた。

「僕たちは3年間、一緒に仕事をしたけど、その時間はあっという間だった。僕たちはお互いから多くのことを学んだと思う」

「ニコにとっては新しいチャレンジに移る時間だ」

「ニコは僕よりもチームに長くいたのし、たぶん彼は、新しいものを学ぶために、違ったもの、新しい人々と仕事をする必要があると感じたんだと思う」

「ニコからかなり多くのことを学ぶことができたのは素晴らしいことだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | フォース・インディア