セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、ドナルド・トランプがアメリカ大統領に当選した後、母国メキシコを嘲笑するツィートを投稿したホーカーズを許すつもりはないようだ。

サングラスメーカーのホーカーズは、不法移民を防ぐためにアメリカとメキシコとの国境に壁を築くと主張しているドナルド・トランプが当選したことを受け、メキシコ人は壁が作られた際に涙目を隠すために同社のサングラスをかけるべきだとのツィートを投稿。

これに激怒したセルジオ・ペレスは、同社と結んでいたスポンサー契約を解除している。

その後、ホーカーズは、セルジオ・ペレスへの償いとして、メキシコで貧困に苦しむ子供たちを助けるために「Dear Sergio x Hawkers Foundation」を設立して年間25000ドル(約277万円)を寄付することを約束している。

だが、セルジオ・ペレスは、ホーカーズとのスポンサー契約打ち切りという決定を譲歩するつもりはないようだ。

「僕は変わらなかった。僕には新しいサングラスがある。彼らとの関係は終わったんだ。そうだね、もう僕にはサングラススポンサーはいないよ」

ホーカーズからの謝罪については「彼らが助けたいのであれば、それは彼ら次第だ。僕には基金があるし、チャリティーのために多くのことをやっている。彼らがそれをするのは良いことだね」とコメント。

「でも、彼らは直接僕に連絡してこなかった。全てソーシャルメディアを通してだ。それはいい気分ではなかったけど、今は全て終わったことだ。彼らが子供たちを助けたいのであれば、僕抜きでやるべきだ」

関連:セルジオ・ペレスに契約を解除されたホーカーズが償いのチャリティー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | フォース・インディア | F1スポンサー