パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインは、2017年のザウバー移籍の最有力候補だとの噂を否定していない。

2017年の契約がない状態で最終戦を迎えることについて質問されたパスカル・ウェーレインは「かなりリラックスしているよ」とコメント。

それはすでに2017年が決定しているという意味かとの質問には「わからない。いや、それを言うことはできない」と答えた。

「シートが空いているのは2チームだけだ。でも、彼らには、お金を持っている何人かを含めて、選ぶことができる多くのドライバーがいる」

メルセデスが支援しているパスカル・ウェーレインは、交渉に最終期限はないと語る。

ザウバー移籍は自分にとって良いことかと質問されたパスカル・ウェーレインは「それを言うのは不可能だ。特に今回はレギュレーションが変わるしね」とコメント。

2017年にザウバーが一年落ちのフェラーリ製エンジンを使用する契約を結んでいることは問題かとの質問には「それは問題ではないだろう」と述べた。

マノーは、チーム売却について投資家と交渉中との噂が報じられており、マノーが資金を手にできるかが違いを生むかもしれない。

マノーは、フェリペ・ナッセ(ザウバー)がブラジルGPでポイントを獲得したことで、コンストラクターズ選手権11位に転落しており、予算の約6分の1にあたる1350万ドルを失う可能性が高い。

マノーは、今週末10位を取り戻すことができるかと質問されたパスカル・ウェーレインは「多くのクルマが故障しなければならないだろう」とコメント。

「トラックに関して言えば、2本のロングストレートは僕たちの助けにはならない。僕たちの分析では、僕たちはザウバーの後ろにいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パスカル・ウェーレイン | マノー