マクラーレン 「フェルナンド・アロンソにはあと5年チームで走って欲しい」

2017年3月29日
マクラーレン F1 フェルナンド・アロノソ
マクラーレンは、フェルナンド・アロンソとあと5年間契約する気があるようだ。

2014年末にフェラーリを去り、新生マクラレン・ホンダに加入したフェルナンド・アロンソだが、この3年間は不遇なシーズンを過ごしており、フラストレーションを溜めこんでいる。

しかし、マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、2018年以降のアロンソがチームに留めるチャンスはあると考えている。

「2017年F1マシンはオーバーテイクはほぼ不可能」とヒュルケンベルグ

2017年3月29日
F1
ニコ・ヒュルケンベルグは、2017年F1マシンでの初レースとなったF1オーストラリアGPで、オーバーテイクは“ほぼ不可能”だったと述べた。

ピレリの幅広タイヤによるグリップと空力パフォーマンスの増加により、2017年F1マシンは速く、ワイドなマシンへと変貌を遂げた。

フェルナンド・アロンソ、今シーズン途中でマクラーレン・ホンダを離脱?

2017年3月29日
フェルナンド・アロンソ F1 マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソは、2017年シーズン途中でマクラーレン・ホンダを離れるかもしれない・・・そう語るのは元F1ドライバーでアロンソ友人であるマーク・ウェバーだ。

マクラーレン・ホンダでの3年目を迎えたフェルナンド・アロンソだが、ホンダは新型F1エンジンで期待に応えることができず、プレシーズンテストから不満を爆発させている。

ストフェル・バンドーンまでも「マクラーレン・ホンダは最下位チーム」

2017年3月28日
マクラレーン・ホンダ F1
フェルナンド・アロンソだけでなく、チームメイトのストフェル・バンドーンも、マクラーレン・ホンダのF1マシンの遅さを嘆いている。

多くのオーブザーバーは、フェルナンド・アロンソのF1オーストラリアGP後のコメントが3年目を迎えてもまともに戦えないマクラーレン・ホンダに対して忍耐が限界に達している兆候だと解釈した。

レッドブル 「我々は3番手。だが、今後2戦でギャップを縮める」

2017年3月28日
F1 レッドブル
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、1周につきコンマ5秒を見い出すことができれば、メルセデスと戦えると考えている。

2017年の開幕戦オーストラリアGPでは、フェラーリがメルセデスを倒して2015年以来となる勝利を手にした。

レッドブルは、ホームグランプリのダニエル・リカルドが電気系のトラブルでリタイア。

アントニオ・ジョビナッツィ 「中国では赤いチームウェアに戻る」

2017年3月28日
アントニオ・ジョビナッツィ F1
アントニオ・ジョビナッツィは、2週間後のF1中国GPでパドックに戻るときには赤いチームウェアを着ていると述べた。

開幕戦F1オーストラリアGPでは、メルセデスの育成ドライバーであるパスカル・ウェーレインが、体力面への懸念を示し、フェラーリのリザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが代役として急遽F1デビューを果たした。

国本雄資 「WECへの参戦は夢だった。チャンスを最大に活かしたい」

2017年3月28日
国本雄資 WEC ル・マン24時間レース
国本雄資は、トヨタのWECチームの一員としてル・マン24時間レースに出場することが決定した。

国本雄資は、今回一緒に発表されたニコラス・ラピエールは、既に発表されているステファン・サラザンと組んでTS050 HYBRID#9号車を駆り、第2戦スパ・フランコルシャン6時間と第3戦ル・マン24時間の2戦に参戦する。

【WEC】 トヨタ、国本雄資とニコラス・ラピエールの起用を正式発表

2017年3月28日
トヨタ WEC 国本雄資 ニコラス・ラピエール
トヨタは、2017年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)に3台目として参戦するTS050 HYBRIDのドライバーに、国本雄資とニコラス・ラピエールが決定したことを発表した。

国本雄資とニコラス・ラピエールは、既に発表されているステファン・サラザンと組んでTS050 HYBRID#9号車を駆り、第2戦スパ・フランコルシャン6時間と第3戦ル・マン24時間の2戦に参戦する。

【WEC】 ポルシェ、2017年型 919ハイブリッドのスパイフォトが流出

2017年3月28日
WEC ポルシェ 919ハイブリッド 2017
ポルシェの2017年型919ハイブリッドのスパイフォトが流出した。

2017年にポルシェがWECに参戦する919ハイブリッドは、今週末のWECプロローグ(公式テスト)前に正式公開される。

写真の919ハイブリッドは、ポールリカールでのテストで撮影されたもの。2017年にレギュレーションで義務付けられている高いフロントスプリッターが確認できる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム