F1 動画 バルセロナテスト
2017年の1回目のプレシーズンテストが終了。最終日となった2日(木)はテスト最終日は、午前と午後にトラックに水が捲かれ、ピレリの新型ウェットタイヤのテストに充てられた。各ドライバーは、ウェットからドライへの変化するなかで異なるコンパウンドで走行を行った。

トップタイムはフェラーリのキミ・ライコネンが記録。SF70Hで93周を走行したライコネンは1分20秒872でこの日のセッションを終えた。

マクラーレン・ホンダは、ストフェル・バンドーンが順調に周回を重ね、67周を走行して今週のテストのマクラーレン・ホンダのベストタイムとなる1分22秒576を記録した。

メルセデスにはこの日珍しくトラブルが発生。電気系の問題で午前に走行予定だったルイス・ハミルトンがテストを断念。バルテリ・ボッタスが引き継いだ。トロ・ロッソは、インスタレーションラップ後にトラブルが発生。コースに戻ることができなかった。また、ウィリアムズは前日のランス・ストロールのクラッシュで一台しかないシャシーに破損が見つかったため、最終日の走行を見送った。

次回のF1合同テストは、3月7日〜10日の4日間、今回と同じスペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットで行われる。

F1 バルセロナ合同テスト 最終日 (2017/3/2)

関連:F1 バルセロナテスト 最終日:キミ・ライコネンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1動画