ミック・シューマッハ
今年F3に昇格するミック・シューマッハにとって2017年は“厳しい年”になる。そう予想するのは同じ2世ドライバーであるニコ・ロズベルグだ

「100回それについて質問されたら、ナーバスにもなるよ」と1982年のF1ワールドチャンピオンであるケケを父に持つニコ・ロズベルグは語る。

「期待はとても高い」

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハを父に持つミックに対しての期待はとても高い。

「どこかでミックがF3のタイトル候補だという記事を読んだ。でも、彼はまだ初年度だよ!」とニコ・ロズベルグは語る。

「ルイス(ハミルトン)だってF3初年度は5位だった。僕の意見では、あそこで成功するには2年は必要だ」

「でも、ミックが優勝候補だとすでに書かれている。そうなると失望させるだけになる」

「それは厳しいことだ。彼にはかなり同情している。それがどんなものかわかっているからね。彼が父親に似て、そんなことを気にもしないことを願うだけだよ」

今年、ミック・シューマッハは2017年にプレマパワーからF3ヨーロッパ選手権に参戦する

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミック・シューマッハ