F1 ソーシャルメディア
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、F1のソーシャルメディア使用への規制が緩和されたことに拍手を送った。

リバティ・メディアがF1を買収し、バーニー・エクレストンが最高権威者を追われた今年、パドックやピットレーンでのソーシャルメディアの規制は大きく緩和され、先のF1プレシーズンテストでは各チームが新車やピットレーンの動画をSNSにこぞって投稿していた。

F1にとって重要なステップかと質問されたトト・ヴォルフは「そうでなければ、実施することはできなかった」と Kurier にコメント。

「デジタル面でのみリーチできる若者がいる。F1はこの難しいギャップを埋めて、プロダクトを変えていく必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | リバティ・メディア