バルテリ・ボッタス
メルセデスは、バルテリ・ボッタス獲得にむけてウィリアムズにアプローチしたと Sky Sports が報じた。

ニコ・ロズベルグが引退したことで空席ができたメルセデスだが、マクラーレン・ホンダがフェルナンド・アロンソの移籍を否定し、セバスチャン・ベッテルがフェラーリとの契約義務を強調して以降、バルテリ・ボッタスがメルセデスの明確なターゲットとなった。

メルセデスには、まだ2017年のシートが確定していない育成ドライバーのパスカル・ウェーレインがいるが、チームはウェーレインの起用に関して暗に懸念を示している。

そこでメルセデスがターゲットに定めたのがウィリアムズのバルテリ・ボッタスだ。ボッタスのマネジメントはメルセデスのチーム代表であるトト・ヴォルフが関与している。

だが、ウィリアムズは、2017年のラインナップは不変なままだと Sky Sports にコメント。メルセデスのアプローチをはねつけたとされている。

報道によると、メルセデスのエグゼクティブディレクターを務めるパディ・ロウがウィリアムズに加わるという動きによって状況は複雑化しているという。

パディ・ロウが離脱した場合、元フェラーリのテクニカルディレクターであるジョームス・アリソンが後任としてメルセデスに加入すると推測されている。

また BBC は、より明確な内容を報道。メルセデスがバルテリ・ボッタス獲得のために、パワーユニット料金を約半額にまで値下げし、パスカル・ウェーレインを走らるというオファーを出したが、ウォリアムズはオファーを拒否。だが、交渉は続けられると報じている。

ウィリアムズは、今年10月、フェリペ・マッサの後任としてティーンエイジャーのランス・ストロールを起用することを発表しており、チームメイトには経験豊富なドライバーが求められる。

ウィリアムズは、バルテリ・ボッタスを失った場合、フェリペ・ナッセが候補として浮上するかもしれない。フェリペ・ナッセは2014年にウィリアムズでテストドライバーを務めた後、翌年からザウバーで2シーズンを戦っている。また、マクラーレン・ホンダでF1レース引退を表明したジェンソン・バトンもウィリアムズの獲得候補に浮上するかもしれないと報じられている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | ウィリアムズ | バルテリ・ボッタス