マクラーレン フォーミュラE
マクラーレンは、フォーミュラEにチームとしての参戦、もしくはパワートレインのサプライヤーとして関与を深めることを検討している。

マクラーレン・アプライド・テクノロジーは、フォーミュラE開始時からモーターとインバーターを供給しており、シーズン5(2018-2019年)からはフォーミュラEにバッテリーを供給する契約を結んでいる。

マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、フォーミュラEへの関与を深めることを熱望していると語る。

「我々がリーダーシップの役割を引き受け、そこで我々の能力を示すことができるのは素晴らしいことだ」とザク・ブラウンは Autosport にコメント。

「我々はフォーミュラEへより多く関与する方法を検討している」

「チームの開始、チームの買収、フォーミュラE内でマクラーレンがテクノロジーを提供する他のエリアをさらに発展させるためにチームと働くなど、あらゆることがテーブルに乗っている」

「我々はバッテリー技術を越えて進むことができる」

マクラーレンが、2018/19シーズンにパワートレイン技術を供給するには、来月までに申請する必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | フォーミュラE