マクラーレンのMarch 2017のF1情報を一覧表示します。

フェルナンド・アロンソ 「現状では順位なんてどうでもいい」

2017年3月24日
フェルナンド・アロンソ F1 マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダのF1オーストラリアGP初日の内容にフラストレーションを溜めこんでいる。

F1オーストラリアGPのフリー走行2回目で12番手タイムを記録したフェルナンド・アロンソだが、周回数は18周に止まった。

プレシーズンテストと比較すれば小さな改善は見られたと語るフェルナンド・アロンソだが、決勝で突然上位争いをするようなことは期待できないと語る。

マクラーレン・ホンダ:F1オーストラリアGP 金曜フリー走行レポート

2017年3月24日
マクラーレン・ホンダ F1 オーストラリアGP
マクラーレン・ホンダは、F1オーストラリアGP初日のフリー走行で、フェルナンド・アロンソが12番手タイム、ストフェル・バンドーンが17番手タイムだった。

フェルナンド・アロンソ (12番手)
「ウィンターテストと比較して、今日はバルセロナよりも問題は少なかった。もう少し多く走行することができたし、クルマからより多くのポテンシャルを引き出すことができた。そこはポジティブだ」

ホンダF1 「信頼性に関して一定の前進を示した」 / F1オーストラリアGP

2017年3月24日
ホンダ F1 オーストラリアGP
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、マクラーレン・ホンダのF1オーストラリアGP初日のフリー走行を振り返った。

長谷川祐介 (ホンダ F1プロジェクト総責任者)
「ついにレース週末にトラックに戻り、シーズンをキッフオフできて嬉しいです。ウィンターテストで見舞われたトラブルへの対応策を施すための準備で忙しい1週間でした」

フェルナンド・アロンソ、ホンダに早急な問題解決を要求

2017年3月24日
マクラーレン ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、ホンダにF1パワーユニットの問題をシーズン序盤戦のうちに解決し、改善するよう要求した。

パートナーシップ3年目を迎えるマクラーレン・ホンダだが、今年も表彰台はおろか、ポイント獲得にさえ苦しむシーズンになると予想されている。プレシーズンテストでまともな走行ができなかったことで、今週末の開幕戦オーストラリアGPでは完走すら難しいかもない。

フェルナンド・アロンソ 「マクラーレン・ホンダに“奇跡”は期待できない」

2017年3月24日
マクラーレン・ホンダ F1 フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、F1オーストラリアGPでマクラーレン・ホンダに“奇跡”を期待することはできないが、開幕フライアウェイレースを見限るというオプションはないと語る。

マクラーレン・ホンダが、プレシーズンテストでまともに走れずに開幕戦を迎えるのは3年のパートナーシップで今回の2度目。

ストフェル・バンドーン 「チームのためにマイレージを稼ぐことが重要」

2017年3月23日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、フルタイムのF1ドライバーとして初レースとなるF1オーストラリアGPでマクラーレン・ホンダのためにマイレージを稼ぐことに集中していくと語る。

昨年、負傷したフェルナンド・アロンソの代役としてF1バーレーンGPでF1デビューを果たしているストフェル・バンドーンだが、2017年は初めてのマクラーレン・ホンダのレギュラードライバーとしてF1フル参戦を果たすことになる。

フェルナンド・アロンソ、マクラーレンのF1エンジン変更の噂に沈黙

2017年3月23日
マクラーレン・ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンがホンダを切るつもりであり、メルセデスからF1エンジンを供給してもらうよう打診したとの報道についてコメントすることを拒否した。

マクラーレンは、ホンダの信頼性とパフォーマンスに欠けるF1エンジンにとって今年は悲惨なプレシーズンテストに耐えることになった。

フェルナンド・アロンソ 「他と比較しなければ2017年F1マシンは楽しい」

2017年3月23日
フェルナンド・アロンソ F1 マクラーレン・ホンダ
フェルナンド・アロンソは、ホンダのF1エンジンのトラブルによってまた厳しいシーズンに耐えることになりそうだが、少なくとも2017年F1マシンのドライビングは楽しいと述べた。

マクラーレンは4年間勝利を味わっておらず、ホンダは、2017年のパフォーマンス向上を目指して、パワーユニットのレイアウトを再設計した。

マクラーレン 「ホンダはF1文化を受け入れる必要がある」

2017年3月23日
マクラーレン ホンダ F1
マクラーレンは、ホンダがF1での運命を改善するためには、自動車メーカーの企業体質で仕事をするのではなく、F1のレース文化の理解し、統合していく必要があると考えている。

ホンダは、2015年にマクラーレンのパートナーとしてF1に復帰して以降、厳しいシーズンを過ごしている。2017年も壊滅的なプレシーズンテストを過ごし、今シーズンもトラブルの絶えないシーズンになることが予想されている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム