マックス・チルトン、2014年のマルシャ残留に自信

2013年10月10日
マックス・チルトン
マックス・チルトンは、2014年のマルシャ残留に自信をみせている。

マルシャは、2014年もジュール・ビアンキを起用することを発表。マックス・チルトンはチームがこの早い段階で契約を発表するとは予想していなかったが、ビアンキの契約によって悩んではいないと述べた。

「交渉中だし、契約にサインする前に投資家とスポンサーシップの状況をまとめている」とマックス・チルトンはコメント。

マックス・チルトン 「鈴鹿で繰り広げられたバトルに影響を受けた」

2013年10月10日
マックス・チルトン (マルシャ)
マックス・チルトンが、F1日本GPにむけて鈴鹿サーキット、そして日本の印象を語った。

マックス・チルトン (マルシャ)
「日本に戻って、ついに鈴鹿サーキットでレースをする機会を得られるのは本当に嬉しい。韓国からまっすぐここに来たんだ。ここには探索するための素晴らしいものがたくさんあるので、もう少し探索したかったけどね。今回はまた新しいチャレンジだし、楽しみにしていたチャンスだ。あらゆる歴史が紐付いた非常にテクニカルなサーキットだからね」

マックス・チルトン:F1韓国GP プレビュー

2013年10月1日
マックス・チルトン (マルシャ)
マックス・チルトンが、F1韓国GPへの意気込みを語った。

マックス・チルトン (マルシャ)
「シンガポールでの初めてのナイトレースでは多くのポジティブなことが得られた。韓国は非常に異なるサーキットだけど、今は本当に勢いがあると感じているし、当然それを維持していきたい」

マックス・チルトン:F1シンガポールGP プレビュー

2013年9月13日
マックス・チルトン (マルシャ)
マックス・チルトンが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

マックス・チルトン (マルシャ)
「シンガポールは素晴らしい都市だし、来週末そこでF1のナイトレースを初めて経験するのが待ち切れない。僕にとって新しいサーキットではないし、去年GP2で勝った素晴らしい思い出があるけどね」

マックス・チルトン:F1イタリアGP プレビュー

2013年9月4日
マックス・チルトン (マルシャ)
マックス・チルトンが、F1イタリアGPへの意気込みを語った。

マックス・チルトン (マルシャ)
「モンツァがデビューシーズンのヨーロッパラウンドの最後になって、同じくらいの長距離レースがどんどんやってくるのが信じられないよ! スパはQ2に進めてとても嬉しかった。そのあとのレースはかなりタフな時間だったけど、個人レベルでは僕が望んでいる場所にどんどん近づいている。特に予選ペースに関してはね」

マックス・チルトン:F1ベルギーGP プレビュー

2013年8月20日
マックス・チルトン (マルシャ)
マックス・チルトンが、F1ベルギーGPへの意気込み、スパ・フランコルシャンの印象について語った。

マックス・チルトン (マルシャ)
「今週末のスパが待ちきれない。休みは初めてのシーズン前半を考える良い機会だったけど、再びクルマに戻るのが楽しみだ。残りの9レースで僕たちに必要なことについて非常にポジティブに感じているし、そのチャレンジへの準備はできている」

マックス・チルトン、パット・シモンズの発言に反論

2013年7月22日
マックス・チルトン
マックス・チルトンは、マルシャを去ったパット・シモンズの発言に反論した。

パット・シモンズは、マルシャを離脱してウィリアムズに加入することが発表されているが、その発表の直前、パットシモンズは、マルシャの両ドライバーとフェルナンド・アロンソのようなドライバーを比較し、アロンソであればマルシャのマシンでも0.5秒以上速く走れるだろうと発言していた。

マックス・チルトン:F1ハンガリーGP プレビュー

2013年7月20日
マックス・チルトン (マルシャ)
マックス・チルトンが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

マックス・チルトン (マルシャ)
「ハンガリーは、昨年GP2で初優勝を成し遂げたトラックなので特別な思い出があるし、あそこに戻ることに本当にワクワクしている。ブダペストはトラック、天候、人々、都市など、全てが大好きだ。ハンガロリンクは、常に暑くて、天気がいいし、僕に合っていると思える本当に楽しいサーキットだ」

マックス・チルトン 「短かったけど走れてよかった」 (マルシャ)

2013年7月18日
マックス・チルトン
マルシャの若手ドライバーテスト初日の午後の走行を担当したマックス・チルトンは、ECUトラブルもあり25周を走行して1分38秒347で終えた。

マックス・チルトン
「午後のプログラムはECUトラブルが原因でとても短くなってしまったし、あまりクルマに乗る時間がなかった。58分しかなかった。少なくとも予定していたタイヤの作業はいくつか完了させることができたし、どのような走行であっても常に役に立つ」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム