マックス・チルトン
マックス・チルトンは、最近の二つの悲劇を乗り越えて、モーターレースでのキャリアを推し進めている。

マックス・チルトンは、2014年に故ジュール・ビアンキが鈴鹿で致命傷を負ったときにマルシャのチームメイトを務めていた。

マックス・チルトンは、ジュール・ビアンキの事故の映像をまだ“見ることができない”と語る。

「ジュールの死は本当に辛かった」とマックス・チルトンは Sun にコメント。

「僕たちのクルマはグリッドで最もパフォーマンスに劣るクルマだった。少なくともダウンフォース量ではね。それに僕もあのコーナーで危険な瞬間があった。僕たちのどちらにも事故を起こす可能性はあった」

24歳のマックス・チルトンは、今年アメリカのトップオープンホイールであるインディカーに転向する。昨年、インディカーでは同じ英国人のジャスティン・ウィルソンが事故で命を落としている。

「2016年にインディカーのチームと決定をしたと同時にジャスティンは死亡事故に遭った。それは10倍厳しくした」とマックス・チルトンは述べた。

「でも、とにかく僕はいつでも起こる可能性があることだと自分に言い聞かせ続けた。まるでジュールのような異常な事故だった」

昨年インディライツに参戦したマックス・チルトンは、チップ・ガナッシと契約してインディカーに参戦する。

「とても刺激的だ。実現するとは思っていなかった」とマックス・チルトンはコメント。

「他のドライバーの99%と同じようにF1がいつも僕のゴールだった」

「インディカーには魅力を感じないのでレースをすることはないだろうと言っていた頃のことを覚えている。でも、何が起こるかわからない。人生は変わる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・チルトン