フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサ (Felipe Massa)
所属:スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
カーナンバー:6
国籍:ブラジル
生年月日:1981年4月25日

フェリペ・マッサ プロフィール

1981年4月25日ブラジル・サンパウロ生れ。生地は後日、彼がF1で勝利することになるサーキットからそれほど遠くないところで、9歳のときにはすでに初めてのドライビングを経験している。

サンパウロ・マイクロ-カート選手権で1990年に4位、1991年には6位に入賞、そしてその1年後の1992年に3位入賞、念願の表彰台に上る。カートの成功を足掛かりにフォーミュラ・シボレーへとステップアップ、ブラジル・チャンピオンシップで5位に入賞。そのたった1年後に見事ドライバーズ・タイトルに輝く。彼の最初の選手権勝利でもあった。

欧州に移ってからも、フェリッペ・マッサのサクセスストーリーは続く。2000年にイタリアのフォーミュラ・ルノー選手権に参戦し優勝するや、翌2001年ヨーロッパF3000でドライバーズ・タイトルを獲得する。

その活躍がスイスのザウバー・ペトロナスF1チームの目にとまり、フェラーリのムジェロ・サーキットでのテストに招かれる。そして2002年アルバートパークで開催されたオーストラリアGPに弱冠20歳でF1デビュー。シーズンを通してドライバーズポイントを4ポイント獲得。同時にフェラーリF1のテストドライバーとしてのキャリアもスタート。

2002年シーズンはフェラーリのテストドライバーとしてミハエル・シューマッハがタイトルを獲得したマシンの開発に従事する。翌シーズン、ザウバー・ペトロナスに呼び戻されドライバーとして2年契約を結ぶ。フェラーリにその速さと豊かな才能を再び認められ、2006年からはドライバーとしての契約を結び、シューマッハのパートナーとしてフェラーリからF1に参戦を開始する。

フェラーリでの最初のシーズンにフェリッペは2勝を挙げるとともに、ポールポジションを3度獲得、ファステストラップを2度記録するなど活躍し、ドライバーズ選手権総合3位という見事な成績で終える。

2007年は彼にとって素晴らしい1年となった。シーズンを通して5勝を挙げ、大変厳しいシーズンであったにもかかわらずドライバーズ選手権総合4位に入賞する。2008年、彼は自身のスタイルを確立、最終レースの最後の瞬間までドライバーズ・タイトルを争うところまで成長した。母国での最終戦、ブラジルGPでもポールポジションを獲得、圧倒的強さで優勝したにもかかわらず、ドライバーズ・タイトルにはわずか1点だけ届かなかった。ルイス・ハミルトンの後塵を拝することとなり、惜しくも総合で2位に終わった。しかし彼のシーズン6勝と10度の表彰台という輝かしい成績は、フェラーリF1チームに16度目となるコンストラクターズ・タイトルをもたらした。

2009年はこのブラジル人ドライバーにとってかつてない苦しい年となった。マッサもチーム全体も、主なライバルに比べてF60の競争力不足に苦しんだ。そして、事態は好転しつつあると思われたさなか、マッサはハンガリー・グランプリ予選中の事故でけがを負い、彼の家族にもチームにも、そして多くのファンにとっても、心配な時が過ぎた。マッサは全快したが、シーズン終盤の7レースに出走することはできなかった。このため、彼の成績はドイツ・グランプリの3位が最高位という結果に終わりった。しかし、2009年は非常に喜ばしい知らせで締め括られた。フォーミュラ1マシーンのコックピットに戻ってトップ・ドライバーとして復帰することができただけではなく、初めての男の子が誕生したのだ。この長男には父親と同じフェリペの名が付けられたが、21世紀の最初の10年の締め括りはマッサにとって思いで深いものとなった。

2012年はスクーデリア・フェラーリ・マールボロ・チームのドライバーとして7年目のシーズンとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・マッサ | フェラーリ | F1ドライバー