F1 ウィリアムズ FW40
フェリペ・マッサは、バルセロナテスト初日にウィリアムズ FW40で103周を走行し、3番手タイムとなる1分22秒076を記録した。

フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「今日は良い一日だった。テスト初日はいつだってクルマのすべてがうまく機能し、信頼性があることを願いながら臨むものだけど、103周を走れたことは悪くないと思っている」

「午前中はいくつかセットアップの変更とチェックを行い、クルマのすべてが正常に機能していることを確認した。それを徹底的に行っている間は待つ時間もあった。でも、初期チェックと変更を行った後、午後に多くのラップを走り込めた。まだ学習段階なので、自分たちのポジションを語るのは早すぎるけど、走っていて本当に楽しい。グリップがかなり多くなっているし、コーナーもとても速くなっている。ブレーキのタイミングをかなり遅らせられる。スピードもはるかに速くなる。全体的には最高の初日だったと思う。チーム全体にとって本当にポジティブだ。100周以上を走り込めたし、一日一日、新しいことを学んでオーストラリアでの初戦に向けてベストな状態に仕上げていきたい」

2017年 F1バルセロナテスト 初日:ルイス・ハミルトンがトップタイム
2017年 F1バルセロナテスト 初日:ルイス・ハミルトンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・マッサ | ウィリアムズ