フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサが、F1引退を撤回して2017年もウィリアムズで走るためにフォーミュラEに参戦するために結んでいた契約を破棄したと Marca が報じた。

ニコ・ロズベルグの電撃引退により、メルセデスは後任としてウィリアムズのバルテリ・ボッタスを起用することはほぼ確実だとされている。

ウィリアムズは、バルテリ・ボッタスが抜けた穴を埋めるために、F1引退を表明していたフェリペ・マッサに2017年も走るよう説得したとされている。

Marca は、フェリペ・マッサがフォーミュラEのあるチームと結んでいた“予備契約”を破棄したと報道。

「契約は済んでいた。だが、ロズベルグの決断によって全てが変わった」と同紙は伝えている。

フェリペ・マッサが契約を結んだとされるフォーミュラEのチームは明らかにされていないが、同紙によると契約は“円満”に破棄されたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・マッサ | ウィリアムズ | フォーミュラE