P.ウェーレイン 「フォース・インディアに選ばれなかった理由を知りたい」

2016年11月11日
パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインは、フォース・インディアが自分ではなくエステバン・オコンを2017年のレースドライバーに選んだ理由を知りたいと述べた。

F1ベルギーGPでリオ・ハリアントに代わってエステバン・オコンがパスカル・ウェーレインのチームメイトとしてマノーに加入。二人ともメルセデスのジュニアドライバーであることから、上位チームへの昇格のためのシュートアウトだとの見方がなされてきた。

パスカル・ウェーレイン 「マノーで2年目を過ごすことに不満はない」

2016年11月8日
パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインは、マノーで2年目のF1シーズンを過ごすことに不満はないと語る。

メルセデスの秘蔵っ子として今年マノーでF1デビューしたパスカル・ウェーレインは、オーストリアGPで10位入賞を果たしてチームに貴重なポイントをもたらした。

マノーは、2017年のドライバーとしてパスカル・ウェーレインとエステバン・オコンを二人ともキープしたいとしている。

マノー:エステバン・オコンがなんとか完走 / F1メキシコGP

2016年10月31日
マノー F1 メキシコGP 結果
マノーは、F1メキシコGPの決勝レースで、エステバン・オコンが21位、パスカル・ウェーレインはリタイアだった。

エステバン・オコン (21位)
「メキシコがこれまでのシーズンのお気に入りのレースとして記憶に残ることはないだろう。残念だよ。素晴らしいトラックだし、素晴らしいF1会場だからね。実際、今日は残りの週末ほど悪くはなかったけど、クルマのハンドリングに発生した問題を克服することができなかった。最終的に嬉しいのはフィニッシュできたことだけだね」

マノー:ウェーレインが4度目のQ2進出 / F1メキシコGP 予選

2016年10月30日
マノー F1メキシコGP 予選 結果
マノーは、F1メキシコGPの予選で、パスカル・ウェーレインが16番手、エステバン・オコンが20番手だった。

パスカル・ウェーレイン (16番手)
「まず何より本当に嬉しい。特にチームにとって、この結果は必要なものだった。Q2進出は今年4度目だし、僕たちが本当に望んでいた場所だ。みんなが週末ずっと素晴らしい仕事をしてくれているし、全てのステップでクルマを改善していった。その後はとにかく思う存分走ったよ」

マノー:F1メキシコGP 金曜フリー走行レポート

2016年10月29日
マノー F1メキシコGP
マノーは、F1メキシコGP初日のフリー走行で、パスカル・ウェーレインが17番手タイム、エステバン・オコンが21番手タイムだった。

パスカル・ウェーレイン (17番手)
「全体的に今日の感触はポジティブだ。実際、今回はかなり久しぶりに満足できた金曜日だ。かなりノーマルなプログラムだったし、それ以外ではミディアムを履く前にソフトでちょっと違った作業を行った」

マノー:厳しい週末もダブル完走 / F1アメリカGP

2016年10月24日
マノー F1アメリカGP 結果
マノーは、F1アメリカGPの決勝レースで、パスカル・ウェーレインが17位、エステバン・オコンが18位だった。

パスカル・ウェーレイン (17位)
「全体的に見れば、今週末には本当に満足している。いくつかチャレンジングな瞬間はあったけど、僕たちは良い予選をして、今日のレースでそれらを克服したことには満足している。レース自体はとてもストレートなものだった。クルマから最大限を引き出せたと思うし、かなりの走行時間を逃していたことを考えれば、良いリザルトだ」

マノー:不慣れなサーキットに苦戦 / F1アメリカGP 予選

2016年10月23日
マノー F1 アメリカ 予選
マノーは、F1アメリカGPの予選で、パスカル・ウェーレインが21番手、エステバン・オコンが22番手だった。

パスカル・ウェーレイン (21番手)
「午前中は自分でとても難しくしてしまった。スピンして、グラベルにはまって、セッションの半分以上を逃した。FP3の残り6分のところでクルマを戻せたのは本当にボーナスだったし、チームはセッションが終了するまでにアウトラップ、計時ラップ、インラップができるように素晴らし仕事をしてくれた」

マノー:F1アメリカGP 金曜フリー走行 レポート

2016年10月22日
マノー F1 USGP
マノーは、F1アメリカGP 初日のフリー走行で、エステバン・オコンが19番手タイム、パスカル・ウェーレインが22番手タイムだった。フリー走行1回目ではジョーダン・キングがグランプリ週末デビューを果たした

エステバン・オコン (19番手)
「本当にここが気に入ったよ。午前中はサーキットに慣れるための通常のプログラムとセットアップ作業に取り組んだし、午後は本当にスピードを上げられたし、ラップタイムを刻めたと思う」

ジョーダン・キング、2017年のマノーのF1シートを狙う

2016年10月19日
ジョーダン・キング
ジョーダン・キングは、2017年にマノーでのF1デビューを目指している。

ジョーダン・キングは、今年GP2に参戦してランキング5位につけており、今週末のオースティンでは金曜フリー走行でマノーのF1カーを走らせることになっている。

父親は、セインズベリーズの元CEOであるジャスティン・キングで、2015年にマノーが崩壊の危機にあった際には救済の助けとなり、現在、マノーのチェアマンを務めている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム