ルノー幹部、パストール・マルドナド解雇騒動のなかベネズエラへ飛ぶ

2016年1月15日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドのF1レースシート喪失の可能性が報じられるなか、ルノーの幹部がベネズエラへ飛んだ。

今週、元マクラーレンのリザーブドライバーであるケビン・マグヌッセンがエンストンのファクトリーで目撃され、パストール・マルドナドのシートを獲得すると報じられた。

ルノー、パストール・マルドナドの解雇報道を否定せず

2016年1月14日
パストール・マルドナド
ルノーは、パストール・マルドナドが2016年の開幕戦前にチームを追い出されるかもしれないとの報道を否定していない。

Telegraph は、パストール・マルドナドのPDVSAのスポンサー支援に関する問題が浮上するなか、元マクラーレンのケビン・マグヌッセンがエンストンのファクトリーにいたと報道。

パストール・マルドナド、PDVSAの契約問題でシート喪失の危機

2016年1月14日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドが、ルノーのシート喪失の危機にあると報じられている。

報道によると、現在、ルノーの関係者は、2016年のパストール・マルドナドのレースシートについてPDVSAとのスポンサー交渉をまとめるためにベネズエラにいるという。

昨年のシンガポールGPの日曜日に、ロータスはパストール・マルドナドとの2016年の契約を発表した。

パストール・マルドナド 「スチュワードは僕に厳しい」

2015年12月29日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドは、自分が事故に巻き込まれた際、F1スチュワードがライバルよりも自分に厳しいと感じていると述べた。

パストール・マルドナドは、あまりにアグレッシブでクラッシュの多い“壊し屋”のイメージがついている。

それによって、事故に巻き込まれるたびに、より大きな責任を負わされているとパストール・マルドナドは感じている。

PDVSA、ロータスへのスポンサー料は2016年分まで支払済み

2015年10月8日
PDVSA パストール・マルドナド
ロータスの副チーム代表フェデリコ・ガスタルディは、パストール・マルドナドのスポンサーであるPDVSAはすでに2016年までを“前払い”で支払っており、パストール・マルドナドのシートが揺らいだことは一度もなかった述べた。

ルノーによる買収はまだ手続き中であり、資金繰りが厳しいとされるロータスだが、F1シンガポールGPでパストール・マルドナドの来季残留がすでに発表されている。

パストール・マルドナド 「ソチはトラックの全ての部分が重要」

2015年10月5日
パストール・マルドナド ロータス
パストール・マルドナドが、ソチ・オートドロームで開催されるF1ロシアGPについて語った。

鈴鹿は堅実なレースでしたねが、ソチにむけてどれくらい助けになりますか?
いつも各々の実績に基づいてレースにアプローチしているので、日本で起こったことがロシアに影響するようなことはない。

パストール・マルドナド、ルノーF1の復活に大きな期待

2015年10月4日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドは、ルノーが2016年にワークスチームとしてF1に復帰する準備をしていることに大きな期待を寄せている。

9月28日、ルノーは、ロータスF1チームの65%という支配的な株式買収について基本合意書にサインしたことを発表した。

両社は、12月7日(月)まで延期されたイギリス高等法院への裁判までに契約を完了させなければならない。

ロータス、パストール・マルドナドの2016年の続投を発表

2015年9月21日
パストール・マルドナド
ロータスは、2016年もパストール・マルドナドが引き続きレースドライバーを継続することを発表した。

2014年にロータスに移籍したパストール・マルドナドは複数年契約を締結しており、2016年も契約含まれていたようだ。

ロータスのチーム代表ジェラルド・ロペスは「パストールが来季も残留すると正式に発表できることは、ロータスF1チームの今後にとってポジティブなkとだ」と声明で述べた。

パストール・マルドナド 「シンガポールはトラクションが重要」

2015年9月14日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドが、ナイトレースで開催されるF1シンガポールGPについて語った。

シンガポールの展望は?
ポジティブだよ。シンガポールは素晴らしいイベントだし、楽しいサーキットだ。それに、僕たちには素晴らしいクルマがある。今年、僕たちは多くの様々なコーナーでパフォーマンスを発揮できることを示している。シンガポールでも力強いパフォーマンスを発揮したい。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム