FIA、リバティ・メディアのF1買収を承認

2017年1月19日
F1 買収
FIAはジュネーブで世界モータースポーツ評議会の臨時会議を開き、リバティ・メディアのF1買収を満場一致で可決した。

今回の承認により、リバティメディアは、F1の親会社であるデルタトプコが所有する株式の100%を取得する。リバティ・メデャアはすでに少数株式18.7%を7億4600万ドル(約759億円)で買収している。

リバティ・メディア、株主がF1買収を承認

2017年1月18日
リバティ・メディア F1買収
リバティ・メディアは、株主がF1買収を承認したことを明らかにした。

リバティ・メディアは17日(火)、コロラドで特別株主総会を開催。社名を『フォーミュラ・ワン・グループ』へと変更し、新株を発行することが可決された。

すでにF1の19.1%の株式を取得しているリバティ・メディアは昨年12月、買収を完了させるために投資家から15億5000万ドル(約1820億円)を調達したことを発表していた。

リバティ・メディア、F1イギリスGPを救済?

2017年1月11日
F1 イギリスGP
シルバーストーンのオーナーで英国レーシングドライバーズクラブ(BRDC)は、リバティ・メディアと政府がF1イギリスGPの存続を手伝う可能性があると考えている。

昨年9月、BRDCの会長を務めるディレック・ワーウィックは、同クラブにとってレース運営費用があまりに高価になっていると述べており、クリスマス前にはBRDCのチェアマンを務めるジョン・グラントが、メンバーに宛てた手紙のなかで、同クラブが解除条項を発動されることを検討していることを示唆した。

リバティ・メディア、F1買収に関して反トラスト当局から承認を得る

2016年12月17日
リバティ・メディア
リバティ・メディアは、F1買収に関して必須となる全ての承認を反トラスト当局から得たと述べた。

リバティ・メディアは、大株主のCVCキャピタルパートナーが率いるコンソーシアムからF1の株式を取得して筆頭株主になることに同意している。

今週初め、リバティ・メディアは投資家から15億5000万ドル(約1820億円)の増資を受けることを発表。買収実現にむけて前進した。

リバティ・メディア、F1買収にむけて1820億円を調達

2016年12月15日
リバティ・メディア F1買収
リバティ・メディアは、F1買収を完了させるために15億5000万ドル(約1820億円)を調達したことを発表。買収実現にむけて前進した。

リバティ・メディアは、大株主のCVCキャピタルパートナーが率いるコンソーシアムからF1の株式を取得して筆頭株主になることに同意している。

リバティメディアは、F1の親会社であるデルタトプコが所有する株式の100%を取得する予定であり、すでに少数株式18.7%を7億4600万ドル(約759億円)で買収している。

リバティ・メディア、社名を「フォーミュラ・ワン・グループ」に変更へ

2016年12月10日
リバティ・メディア
リバティ・メディアは、F1の経営権取得を推進するための提案に関して、1月17日にに株主総会を開いて採決を取ることになった。

F1の経営権を取得することで同意しているリバティ・メディアは、2017年初旬に取引を完了することになっている。

リバティ・メディアは、1月17日(火)に特別株主総会を開き、買収についての採決を取るスケジュールを組んだ。

リバティ・メディア、ラスベガスでのF1開催に関心

2016年11月20日
リバティ・メディア
F1の新たな投資家となるリバティ・メディアは、F1カレンダーの拡大を目指しており、ラスベガスでのナイトレースの開催に関心を示している。

今年のF1カレンダーは、史上最多の21戦での開催となった。

2017年の第1四半期にもF1の経営権取得を完了させる予定のリバティ・メディアは、新規ファンにF1が広げることを願っている。

リバティ・メディア、F1のストリーミング配信を検討

2016年11月10日
F1 ストリーミング配信
F1がようやくライブストリーミングの世界に参入することになりそうだ。

F1のインターネット放送は、伝統的なテレビ放送権によってF1の商業権の成功を築いてきたバーニー・エクレストンによって常に除外されてきた。

しかし、F1はリバティ・メディアに買収されることになっており、今週、同社の会長兼CEOのグレッグ・マフェイは、F1のOTT(Over-The-Top)サービスへの拡大を目指していると述べた。

リバティ・メディア、F1買収に独占禁止法違反の可能性

2016年11月8日
リバティ・メディア F1
リバティ・メディアによるF1買収計画が、英国競争・市場庁(CMA)の調査を受ける可能性がある。

リバティ・メディアは9月、F1の過半数株主であるCVCキャピタル・パートナーズ率いるコンソーシアムから株式を買収することで最大株主になることに同意した。

リバティ社は、F1の親会社デルタ・トプコの株式を100%取得する予定だが、すでに18.7%の株式を取得している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム