ランス・ストロール ウィリアムズ 極秘テスト
ウィリアムズは、ランス・ストロールがウィリアムズの2014年F1マシン『FW36』でテスト走行を行っている画像を公開した。

ランス・ストロールは、来年3月のメルボルンでのF1デビューに備えるために2014年型マシンで前例のない世界ツアーを行っている。

これまでウィリアムズはランス・ストロールのテストプログラムを極秘扱いにしてきた。

その理由についてクレア・ウィリアムズは「彼のプレッシャーを軽減したいと思いました。彼は彼の仕事から気を散らされるべきではありません」とコメント。

ランス・ストロールのテストプログラムは、億万長者の父ローレンス・ストロールが資金を提供したのは疑いのないことだ。

「多くの人々は、彼の才能だけでなく、彼には有名な父親がいるので、彼と彼のストーリーに興味を持っていますからね」

F3マシンからF1マシンへの以降についてランス・ストロールは「結局は4つのホイールがついている別のクルマなだけだ。失礼な言い方と捉えてほしくないけど、僕はここまであらゆる種類のクルマをドライブしてきた。それに、そうだね、各カテゴリーには独自のチャレンジがある。でも、それには慣れるものだ。確かにF1カーは世界で最高のレースカーだ。でも、やっぱり別のクルマにすぎない。クルマに乗るたびにその移行は徐々に難しくはなくなっていくだろう」と語っている。

関連:ランス・ストロールの父、息子のF1デビューを82億円を投じてお膳立て

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ランス・ストロール | ウィリアムズ