ロバート・クビサ WEC
WECルーキーテストでLMP1マシンを初体験したロバート・クビサは、FIA世界耐久選手権(WEC)は“魅力的”だと語り、転向する可能性を見い出せたと述べた。

ロバート・クビサは、日曜日にバイコレスのCLM P1/01 AERで27周を走行し、好ペースを発揮した。

2006年から2010年までF1を戦ったロバート・クビサだったが、オフシーズンのラリー事故で重傷を負い、シングルシーターレースを断念せざるを得なくなった。

その後、ラリーで3年を過ごしたロバ―ト・クビサは、日曜日にテストを好感触で終えた今、2017年にサーキットレースへの復帰を目指している。

テスト後、ロバート・クビサは、条件が揃えば、来シーズンにWECに転向する可能性に前向きだと述べた。

「ハイレベルなレースだ。のんびりと12時間、24時間、クルージングしているわけではない。プッシュしなければならない」とロバート・クビサは Sportscar365 に述べた。

「新しいことなので、それが好きかは100%定かではない。でも、一方で全ての新しいチャレンジは、自分がそれをうまくやれるかどうかを試すという追加のモチベーションを与えてくれる」

「でも、やると決めたら、それは自分がそれがやりたいからであって、他にやることがなかったからではないのは確かだ。いくつか抱いていた疑問を確認し、取り除くためにここに来た」

「自分がきちんとした耐久レースドライバーになるには少し時間をかける必要のあるエリアがあることはわかっている。でも、大部分のドライバーがそれに慣れることができるものだし、彼らはなんとかそれをやっている。自分にそれができない理由は見当たらない」

「非常にハイレベルなカテゴリーだし、大きく成長していると思う。アウディが撤退するのは残念だけどね。でも、耐久レース、さらにル・マンが非常に魅力的なのは確かだ」

ロバート・クビサは、まだ2017年のレース計画についてしっかりとしたアイデアはないと述べ、最終決定を焦るつもりはないと述べた。

「実のところ、自分が何をするかはわかっていない。正直、ちょっと自分に委ねられているところがあるし、プレッシャーはない。でも、知りたいと思っていることは認めるよ」

「での、一方で僕は焦りたくはない。良い何かがあれば、それについて話すつもりだ」

関連:ロバート・クビサ、WECルーキーテストで好ペースを発揮

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | WEC (FIA世界耐久選手権)