ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、先週末、スパ・フランコルシャンで開催されたルノー・スポール・トロフィーで表彰台を獲得した。

ルノー・スポール・トロフィー初挑戦のロバート・クビサは、クリストフ・アモンとともにドュケーヌ・エンジニアリングのR.S.01を走らせ、土曜日に行われた耐久レースで3位表彰台を獲得。日曜日にプロクラスのスプリントレースで4位に入った。

土曜日にレース終盤の17周で6位から3位にポジションアップしたロバート・クビサは、優勝したラウル・オーウェンス/フレデリック・ブロムシュテットから6秒遅れでチェッカーフラッグを受けた。

ロバート・クビサは日曜日にも3番手を走っていたが、元ロータスのテストドライバーであるケビン・コルユスにレ・コームでパスされ、4位でフィニッシュした。

5年間F1で戦ったロバート・クビサだが、2011年シーズン前に参加したラリー中のクラッシュで右腕に重傷を負い、F1での将来は閉ざされた。

2008年 F1カナダGPのウィナーであるロバート・クビサは、長期にわたるリハビリを経て2013年に世界ラリー選手権でレースの世界に復帰。今回のルノー・スポール・トロフィーの前には、3月にムジェロ12時間に参戦している。

スパ・フランコルシャンは、2010年にロバート・クビサがF1での最後の表彰台フィニッシュを遂げたサーキットだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ