ヘイキ・コバライネン 「F1に残れるかは1月末にははっきりするはず」

2013年12月24日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、2014年にF1のグリッドに戻れるかどうかわからないままクリスマスを迎えることになりそうだ。

経験豊富なヘイキ・コバライネンは、2014年にケータハムでF1に復帰する可能性が高いとされてきた。しかし、今年の終盤戦でキミ・ライコネンの代役を務めたヘイキ・コバライネンは苦戦を強いられ、コンストラクターズで賞金を逃したケータハムは、資金力のあるギド・ヴァン・デル・ガルデとマーカス・エリクソンの起用を検討していると噂されている。

ヘイキ・コバライネン 「来年チャンスがあればもっと準備して挑みたい」

2013年12月3日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、2014年にF1でレースをするチャンスがあれば、もっと準備して挑みたいと認めた。

1シーズンをF1のレースグリッドから離れていたヘイキ・コバライネンは、シーズンラスト2戦でキミ・ライコネンの代役としてロータスマシンを駆るチャンスを得た。

ヘイキ・コバライネン、2014年のF1シート獲得に黄色信号

2013年11月26日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンの2014年のF1復帰に黄色信号が灯っている。

キミ・ライコネンの代役として2013年のラスト2戦でロータスのシートに座ったヘイキ・コバライネンは、スピードの一端はみせたものの、最終的には1ポイントも獲得できなかった。

「この2レースはベストではなかった。ライコネンの代役にリスクがあるとわかっていたけれど、これほど難しいとは思わなかった」とヘイキ・コバライネンは Turun Sanomat に述べた。

ヘイキ・コバライネン 「好成績を残せるポテンシャルはある」

2013年11月22日
ヘイキ・コバライネン (ロータス)
ヘイキ・コバライネンが、013年シーズンのF1最終戦ブラジルGPへの意気込みを語った。

インテルラゴスをどう思いますか?
素晴らしいサーキットだし、オースティンとは完全に異なる。いくつか素晴らしいコーナーやアップダウンがあるし、反時計回りで走る。天候も面白くなることがある。雨が降る可能性があるときは、本当にチャレンジングなコンディションになる。何が起こるかわからないトラックなので、シーズンを締めくくるにはいい場所だ。

ヘイキ・コバライネン 「F1にしがみついていたのは正しい決断だった」

2013年11月20日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、オースティンでのF1復帰で示したスピードが、F1シートを失った昨年末にスポーツを背を向けずにいるという決断を正当化できたと考えている。

昨年末にケータハムのF1シートを失ったヘイキ・コバライネンは、他のカテゴリーに転向することもできたが、そのケータハムでいくつかの金曜フリー走行を含めたサードドライバーとしてチームを手伝うことに決めた。

ヘイキ・コバライネン 「ロータスと2014年についての話はしていない」

2013年11月15日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、残り2戦でのロータスでのパフォーマンスが、2014年のシート獲得の可能性には関係しないと考えている。

ヘイキ・コバライネンは、背中の手術のために残りのシーズンを欠場するキミ・ライコネンの代役として、F1アメリカGPとF1ブダジルGPをロータスで戦う。

しかし、ヘイキ・コバライネンは、2014年のロータスのドライバーとして検討されることはないと考えており、再びケータハムでレースをすることになるだろうと楽観的に捉えている。

ロータス、ヘイキ・コバライネンをキミ・ライコネンの代役に起用

2013年11月15日
ヘイキ・コバライネン
ロータスは、背中の手術で残りのシーズンを欠場するキミ・ライコネンの代役としてヘイキ・コバライネンを起用することを発表した。

昨年末にケータハムのF1シートを失ったヘイキ・コバライネンだが、今年中盤に開発ドライバーとしてケータハムに復帰。金曜フリー走行で2013年F1マシンとタイヤを経験しており、コンストクターズ選手権で3位を争うロータスにとってはまさに即戦力といえる人選。

ヘイキ・コバライネン、キミ・ライコネンの代役契約に合意との報道

2013年11月14日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、キミ・ライコネンの代役として最終2戦にロータスから参戦する契約に合意したと報じられている。

AUTOSPORT によると、過去数時間にわたってロータスとケータハムとの間で議論が交わされ、ヘイキ・コバライネンが最終2戦をロータスで戦うことが合意に達したと報道。最終的な詳細がまとまり次第、木曜日に発表されると報じた。

ヘイキ・コバライネン、WEC世界耐久選手権への転向は否定

2013年8月30日
ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、まだF1のキャリアを諦めておらず、WEC世界耐久選手権などへの転向は否定した。

ケータハムのレースシートを失ったヘイキ・コバライネンだが、先週のスパと次のモンツァで金曜フリー走行でドライブするチャンスを与えられており、F1復帰への望みは高まっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム