ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、メルセデスのテストドライバーとしてF1に復帰すると Ilta Sanomat が報じている。

2012年末でケータハムのF1シートを失ったヘイキ・コバライネンは、2014年にケータハムからF1復帰する可能性が濃厚されていたが、昨シーズン末に怪我の治療のために離脱したキミ・ライコネンの代役としてロータスでレースをした際に印象的な成績を残せなかった。

小林可夢偉との契約を選んだケータハムのチームオーナー、トニー・フェルナンデスは、ヘイキ・コバライネンのロータスでの苦戦がその選択に“影響した”と認めている。

2014年の計画についてヘイキ・コバライネンはまだコメントしていないが、同紙によるとメルセデスとの契約話は少し前から出ていたもので、あとは署名するだけの状況だという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヘイキ・コバライネン | メルセデス