小林可夢偉
小林可夢偉が、スーパーフォーミュラのマシン『SF14』で筑波サーキットの最速タイムの更新に挑戦に挑む「スピード×サウンド トロフィー」の慣熟走行で早くも44秒を切りコースレコード出した。

昨年のタイムは44秒008。本番のタイムアタック前にSF14の開発車両に乗り込んだ小林可夢偉は、ウォーミングアップ段階の慣熟走行で43.966秒を記録し、早くもコースレーコードを出した。

15時から行われる本番のアタックではどこまでタイムを縮められるか注目が集まる。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 小林可夢偉 | スーパーフォーミュラ