ジョリオン・パーマー ザウバー 移籍
ジョリオン・パーマーが、2017年にザウバーに移籍するとの噂が浮上している。

ザウバーの現行ドライバーであるフェリペ・ナッセとマーカス・エリクソンは、二人とも移籍が噂されている。

だが、マーカス・エリクソンに関しては、彼のスポンサーがザウバーの新しいオーナーであるロングボウ・ファイナンスと密接な関連があるとされ、チームを離脱する可能性は低いとみられている。

だが、マーカス・エリクソンは「フォース・インデャアに空席がある。僕たちにはまだ来年の契約がないので、それを無視するのは馬鹿げている」と Globo に述べている。

「最も可能性が高いのはザウバー残留だけど、言ったように僕はベストなチームにいたいし、フォース・インディアは現在とても強そうに見える」

だが、フォース・インディアに最も強くリンクされているのはチームメイトのフェリペ・ナッセの方だ。フェルペ・マッサの引退が決定してる今、ブラジル人ドライバーをグリッドに残したいバーニー・エクレストンが移籍を支援していると噂されている。

フェリペ・ナッセが移籍すれば、ザウバーはブラジル銀行という大きなスポンサーを失うことになるが、 Blick は、ジョリオン・パーマーが300〜400万ユーロを持ち込むことができると報道。

ジョリオン・パーマーは、ルノーのドライバー決定を待っているが、本人は悲観的なようだ。

「残留したいkど、チームは2つ目のシートを決定することを待っている」とジョリオン・パーマーはSun にコメント。

「ケビン(マグヌッセン)と僕は難しいクルマで最も厳しいことにトライしている。良いフィーリングではない。でも、僕はかなり改善しているし、F1でもっと結果を出せるとわかっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョリオン・パーマー | ザウバー