ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、2017年もルノーにとっては作業と進歩の一年になると考えている。

ルノーは2015年末にロータスを買収してワークスチームとして復活。2016年はチャレンジングな一年となった。

だが、ルノーはそれがトップに返り咲くための数年にわたるプログラムの一部であることを初めから承知していた。

2017年にフォース・インディアからルノーに移籍するニコ・ヒュルケンベルグは、来シーズンも同じ状況になると予想している。

「来年はまだビルドアップの一年だと思う。僕たちは現実的でなければならない」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「今年、彼らはかなり難しい一年を過ごしたし、もちろん、昨年チームを買収した際、彼らはとても大変な状況にあった。シーズン序盤は特にね」

ニコ・ヒュルケンベルグは、2017年も一貫してポイントを獲得することを目指しているが、リザルトに関して特定の目標は設定していない。

「彼らはRS16の開発に関して多くのことはやらなかったし、来年はもう少し良くなることを願っている。でも、すぐにトップ6に入れるとは思っていない。トップ10でさえチャレンジングだろう」

「インフラを構築しなおして、優れた人々を取り戻し、クルマを開発するのは長い時間がかかることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ルノー