フェルナンド・アロンソ 「これまでにないくらい準備は万全」

2017年2月12日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、今シーズンにむけて“これまでにないくらい準備は万全”だと語る。

昨年、マクラーレン・ホンダは前進を果たし、2015年のほぼ3倍のポイントを獲得。しかし、フェルナンド・アロンソは慎重なままであり、勝利や表彰台は大きな要求だとわかっていると語る。

「勝利? 僕たちは慎重になければならないと思う」とフェルナンド・アロンソはコメント。

フェルナンド・アロンソ、マクラーレン・ホンダ MCL32の初走行を担当

2017年2月11日
マクラーレン・ホンダ MCL32
フェルナンド・アロンソが、マクラーレン・ホンダの2017年F1マシン『MCL32』の初走行を担当することが明らかになった。

2017年、マクラーレン・ホンダは新たな船出を迎える。ロン・デニスがCEOを退き、マシン名からは伝統的な「MP4」が取り除かれ、カラーリングにはオレンジが採用されると噂されている。

マクラーレン・ホンダ、BPカストロールとのパートナー契約を発表

2017年2月11日
マクラーレン BP カストロール
マクラーレンは、BPカスロトールとの契約を発表。BPとカストロールはF1燃料と潤滑油をマクラーレンに供給する。

昨年までマクラーレンはエクソンモービル製のオイルを使用していたが、エクソンモービルはレッドブルに移行。2017年からBP/カストロールとタッグを組むことになった。

フェルナンド・アロンソ、首回りの太さは45cm

2017年2月10日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、10年以上前にワールドチャンピオンを連覇したときのフィットネスを取り戻しているとトレーナーを務めるエドアルド・ベンディネッリは太鼓判を押す。

2017年は新レギュレーションによってF1マシンが高速化し、より身体的に厳しい戦いが繰り広げられると予想されており、他のライバル同様、フェルナンド・アロンソも非常に激しいトレーニングを積んできたという。

ホンダと日立オートモティブ、電動車両用モーターの新会社設立へ

2017年2月8日
ホンダ 日立オートモティブシステムズ
ホンダと日立オートモティブシステムズの両社は、2月3日、電動車両用モーターの開発、製造および販売を事業として行う合弁会社設立を目的とした基本合意書を締結。今後、新会社設立に向けて具体的な協議を開始する。

1999年よりいち早く電動車両用のモーターを市場に投入し、技術力と商品力を磨いてきた日立オートモティブシステムズは、これまで小型・軽量化、高出力化を推し進めた電動車両用モーターを国内外の自動車メーカーに数多く納入してきており、その製品性能や生産技術は業界から高い評価を得ている。

長谷川祐介 「2015年のパフォーマンスはホンダのプライドを傷つけた」

2017年2月6日
ホンダ F1
F1復帰を果たした2015年のパフォーマンスは、ホンダのプライドと自信を傷つけ、長谷川祐介は2シーズン目の2016年にアプローチを変えた。

ホンダは、マクラーレンのパワーユニットサプライヤーとしてF1に復帰。だが、新しいエンジンレギュレーションが導入された後、ライバルよりも1年遅れで復帰したホンダは、信頼性問題が多発し、パワー出力においても大きな遅れをとった。

マクラーレン・ホンダ、2017年F1マシンの名称は『MCL32』

2017年2月4日
マクラーレン MCL32
マクラーレン・ホンダは、2017年F1マシンの名称が『MCL32』になることを明らかにした。

これまでマクラーレンのマシン名につけられていたMP4の“P4”は、ロン・デニスがマクラーレンの代表になる以前に運営していたF2チームの“プロジェクト4”に由来する。

だが、昨年、ロン・デニスはマクラーレンのCEOを解任されており、2017年はマシン名称とカラーリングを変更して新たな時代に向かおうとしている。

ホンダ、2017年型MotoGPマシン「RC213V」を発表

2017年2月3日
ホンダ MotoGP 2017 RC213V
ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダは3日(金)、インドネシアのジャカルタでチーム発表会を実施。2017年型のバイクとカラーリングを披露した。

2016年、ホンダはMotoGPクラスでマルク・マルケスのライダーズタイトルに加え、コンストラクターズタイトルの2冠を達成した。

発表会にはマルク・マルケスとダニ・ペドロサが参加。前年モデルとほぼ同じカラーリングのRC213Vのアンベールを行った。

【MotoGP】 ホンダ:2017 セパン公式テスト レポート

2017年2月3日
ホンダ MotoGP
2017年シーズンの幕開けを告げる公式テストが、1月30日(月)〜2月1日(水)の3日間、マレーシアのセパン・サーキットで行われた。

今季初のテストに参加したのは、Repsol Honda Teamのマルク・マルケスとダニ・ペドロサ、LCR Hondaのカル・クラッチロー、Team EG 0,0 Marc VDSのジャック・ミラーとティト・ラバト。今季、ホンダ勢としてMotoGPクラスに参戦する5選手が参加した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム