フェルナンド・アロンソ 「覚悟はできている」 / F1オーストラリアGP

2017年3月22日
フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ F1オーストラリアGP
フェルナンド・アロンソが、マクラーレン・ホンダとの3シーズン目のスタートとなる2017年 F1 開幕戦 オーストラリアGPへの意気込みを語った。

「新シーズンのスタートは、再びレーシングをするという大きな興奮や新しいレギュレーションでの未知な部分など、様々な気持ちが掻き立てられる。テストは各チームにとってこれまで以上に実験の場になっているので、全員がどの位置にいるのかまだわからない。週末の間に各チームがどれくらい早くに手の内を明かすのか興味深い」とフェルナンド・アロンソはコメント。

ホンダ 「信頼性を維持して最大限を引き出したい」/ F1オーストラリアGP

2017年3月21日
ホンダ F1 オーストラリアGP
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、2017年の開幕戦となるF1オーストラリアGPへの意気込みを語った。

「チームの全員にとってチャレンジングな冬でした。もちろん、バルセロナで発生した問題によって走行時間は制限されましたし、プレシーズンの準備にさらなるプレッシャーとなりましたが、それでも大量の有益なデータを生み出すことができました」と長谷川祐介はコメント。

ストフェル・バンドーン、初F1フル参戦に「この夢のために頑張ってきた」

2017年3月21日
ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ F1オーストラリアGP
マクラーレン・ホンダのF1ドライバーとして開幕戦オーストラリアGPでの初めてのフル参戦のスタートするストフェル・バンドーンが、メルボルンへの意気込みを買った。

「9月にマクラーレン・ホンダのフルタイムのレーシングドライバーとしてのポジションが発表されてから、オーストラリアのグランプリ週末までは長い時間だったように感じている。F1で初めてのフルシーズンをスタートできるのは素晴らしい気分だし、レーシングキャリア全体を通して頑張ってきた夢だ」とストフェル・バンドーンはコメント。

マクラーレン 「ホンダと協力してマシンから最大限を引き出していく」

2017年3月21日
マクラーレン ホンダ F1
マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエが、2017年 F1 開幕戦オーストラリアGPへ向けての展望を語った。

F1プレシーズンテストでは、ホンダの新型F1パワーユニットにトラブルが多発。マクラーレンはホンダを切り、メルセデスからF1エンジンを供給してもらうよう打診したと噂された。

ホンダ 「新型F1パワーユニットは正しい方向に改善している」

2017年3月21日
ホンダ, F1
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、開幕戦オーストラリアGPにむけて新型F1パワーユニットが正しい方向に改善していると語る。

新型F1パワーユニットにトラブルが多発したF1プレシーズンテストの後、ホンダは信頼性に集中するだけでなく、開幕戦にむけてエンジンマップの改善に取り組んできた。

フェルナンド・アロンソ 「マクラーレン・ホンダにとって厳しい開幕戦になる」

2017年3月21日
マクラーレン ホンダ F1
フェルナンド・アロンソは、ホンダがF1エンジンで前進を果たすことを期待しつつも、開幕戦F1オーストラリアGPはマクラーレン・ホンダにとって“厳しい週末”になることを覚悟していると認める。

フェルナンド・アロンソは、ホンダの新型F1パワーユニットの信頼性とパワー不足によってフラストレーションの溜まるF1プレシーズンテストに耐えた。

ホンダ、F1オーストラリアGPのパブリックビューイングを開催

2017年3月20日
ホンダ F1
ホンダは、F1オーストラリアGPの決勝レースのパブリックビューイングを開催する。

Hondaウエルカムプラザ青山では、3月26日(日)に開催される「2017 F1 開幕戦 オーストラリアGP」の決勝レースの模様を館内のモニターでライブ放映する。

入場料は無料。座席数は200席が設けられる。

マクラーレンとホンダの決別は現実として起こるのか?

2017年3月20日
マクラーレン ホンダ F1
マクラーレンとホンダの決現は現実的に起こり得ることなのだろう? メルセデスのF1エンジンへの変更は可能なのか? Sky Sport F1のテッド・クラヴィッツがその可能性について分析した。

「まず最初に起源を考えてみよう」とテッド・クラヴィッツは語る。「このストーリーは、1回目のウィンターテストの最後から2日目にスペインのプレスから始まったものであり、フェルナンド・アロンソ陣営から始まったかものかどうかを推測できるかもしれない。証拠はないにしろ、その時は最もらしく聞こえた」

「ホンダはマクラーレンに非常に有害な影響を及ぼしている」とクルサード

2017年3月19日
マクラーレン ホンダ F1
ホンダとマクラーレンの関係は山場を迎えており、状況が改善しなければパートナーシップの解消に進まなければならない。そう語るのは1996年から2004年までマクラーレンのドライバーを務めたデビッド・クルサードだ。

ホンダの今年の成果は関心できないと語るデビッド・クルサードは「現実感のある懸念があると AutosportME にコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム